2010年02月04日

ブログのアーカイブ化を目指して!

久々のブログです。

しばらく活動から離れるので、
その間に今までできなかったことに手をつけようと思います。

まずは表題にあるように「ブログのアーカイブ化」!

ブログは始めたばかりですが、
カテゴリ分けができるのがとっても便利ですね。
知りませんでした。

せっかくなのでその機能を生かすべく、
今までのブログに情報を再UPしてみようと思います。

今から手をつけるのは、中田さんのJICA研修です。
カテゴリでは「JICA研修(中田コース)」とあります。

夏は僕のファシリテーションへの理解力、英語力ともに
今よりもさらに乏しかったのであまり書き込むことができませんでした。

そこで研修員のデイリーリポートをUPしていきたいと思います。
中田コースでは、毎日研修員が順番で前日の報告をします。
それを丁稚の復習を兼ねてUPしていきたいと思います。

ちなみに一日だけUPしてみました。
記録としての性質のため原文のままなので英語でのUPにはなりますが、
興味がある方はチェックしてみてください。
研修員がけっこう中田さんのコメントを書き込んでいたりするので、
おすすめです。


2009年9月1日
「コミュニティと近代化の基礎理解」
http://ipd.seesaa.net/article/136632474.html

posted by taku at 19:25| Comment(2) | 参加型開発研究所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

ブログしばらくお休みします!

「坂西の丁稚奉公記」を読んでくれている稀有なみなさまへ

表題の通り、ブログをしばらく休止します。
丁稚・坂西がお暇をいただいて海外で修行にでるためです。
実はすでにフィリピンについております。

ブログは2月の後半(24日前後)から再開します。
まだ未確定ですが、うまくいけば24日ぐらいから
中田さんの海外現場にお供させていただく予定なので、
中田さんの現場での活躍をお伝えできれば、と思います。

お楽しみに!

※ただ丁稚の個人活動や修行の様子などは不定期で更新する予定です。
 興味がある方はたまに覘いてやって下さい。
posted by taku at 12:48| Comment(0) | 参加型開発研究所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

「アイデアはパーセプション」

今日は中田さんによる関西のあるNGOへのコンサルティングに
同行させてもらった。

この団体ではいくつかの課題があり、
それらを解決するために専従職員を置く、というプランを考えている。
しかし、それに伴う環境の変化と財政負担の増加にどう対応するかが課題。

まず最初にアクションプランの雛形をNGOの方が説明してくれた。
その後、中田さんが聞き込んでいき、上記の課題が見えてきた。
今の段階で何のアクションプランを作るべきかも明らかになった。

内容は詳しくは書けないが、
僕は中田さんが何を聞くのか、に注目していた。
中田さんはいつものように、いつ、だれが、どこでと
事実質問をしていた。ただ組織に対しての聞き込みには
いくつかのポイントがあるようだった。
例えば意思決定のシステム、定款に書かれていること、
決定事項の伝え方、応答の内容など。

今日は具体的な事柄を扱ったので、得るところも大きかった。
今日の一番印象に残った言葉は下記。

「アイデアはパーセプションなんだよ」
 ※perception。考え、概念、知覚などの意。
  ここでは主に「思い込み」の意味で使用。

これは有給職員を置くことによる財政負担をどうクリアーしていくか、
ということを話し合っていた際の言葉。

助成金、会員獲得、事業収入など、いくつかのアイデアはあるが、
どれに注力していくかが悩みどころ。
そこで中田さんは「先行事例の研究だね。同じ活動をしている団体で
うまくいっているところの財政状況を調べるんだよ」とアドバイス。
「どこか調べた?」「いやしてません」とのこと。

「つまりアイデアはパーセプションなんだよ。実際にどうやっているか。
もしくは今まで自分たちの団体がどうやってきたか、たな卸しをする。
そういう具体的な事実から出発する」

なるほど、確かに自分も何かのアイデアを提案するときは
何かに基づいてやることが多い。それが説得力につながっていたわけかな。
今まで漠然とやっていたことに根拠がもたらされたし、
今後の提案を考えるときの大きな指標になる。これは使える♪

逆に言えばそういった事実に基づいていないアイデアで進めても
空中戦になるということか。
恥ずかしながら思い当たることもある。気をつけよう。
posted by taku at 23:08| Comment(4) | 参加型開発研究所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

そっと2℃下げる

中田さんは大阪の某企業の社会貢献に関する職員対象の講義。
シャプラニールのお仕事だそう。
昨日は東京で丸一日FASID。連日ご苦労さまです。

坂西は引き続き事務所に出勤。
先日のJICA−NGO会議の記録も無事作成完了。
研修の会計等の事後処理もようやく一段落。
手探りだったのでやたら時間がかかってしまった。反省。

今日は家主の市民活動センター神戸さんから
家賃の請求書をいただいたので、すぐに支払いをした。
12月に入って確実に光熱費が上がっている。
間違いなくエアコンのせいだ。
設定温度を下げておこう。
posted by taku at 01:11| Comment(0) | 参加型開発研究所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

パーセプション、ぱーせぷしょん

中田さんは2回目のFASIDでの講義。
http://ipd.seesaa.net/article/136752993.html

昨日中田さんは進行の方法を悩んでいた。
で、その事を話してくれたのだが、話している途中に「わかったぞ」とのこと。
「やっぱ人に話すと違うなぁ」とのこと。こっちは何が起こったのか??でしたが、
話しているうちに整理され、あっという間に解を得たとのこと。
今頃、実践をされているはず。

坂西は神戸の事務所にて事務作業。
昼からはJICA研修の源泉徴収を納付しに大淀税務署へ。

今日はこれ以上何も書くことがないので、昨日の一こまを紹介します。

大阪に行く前に事務所で中田さんと合流。
中田さんが「メールでファシリテーションの練習問題を送るよ」とのこと。
そこで「問題の難易度はどれぐらいですか?」と質問。
中田さんの返答「それはパーセプションだよ」。
撃沈。。。。う〜ん、なかなか抜けられない。
まっ、当たらない弾も数打っていこおっと。
posted by taku at 16:57| Comment(0) | 参加型開発研究所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。