2011年01月28日

『先生の名前を聞く』

今日は中田さんと諏訪さんが集まり講座の相談などをしました。

その際に現在の坂西の仕事について報告しました。
具体的には下記ブログに書いたファシリテーション研修についてです。

http://ameblo.jp/phd-kobe/entry-10776362799.html

まず坂西はこう話し出しました。

「PHDの研修生は村の人。NGOワーカーではないので、
 ファシリテーションという存在を知らない。
 その新しい概念を知ってもらうことがあの日の目的でした。

 その導入を悩んでいたのですが、カマルさんに会う、という
 きっかけを得て、そこから始めていきました。」

この話し出しに決定的な間違いがあったことには後で気づきました。
中田さんはどのタイミングで気づいたのかは知りませんが、最初からわかっていたようです。
その間違いについては後ほど。

さて、中田さんに「どのように進めていったのか」ということを聞かれ、
ブログの内容を改めて説明しました。

「カマルさんの話を受けて、先生、リーダー、ファシリテーターの違いを明確にしていこうとしました。
 まずはネパール語と英語のわからなかったインドラさんに説明してもらう形で。
 その後は具体的にそれぞれの先生やリーダーを思い出してもらってやりました。中略」


いくつかのやりとりも中略


中田「先生の名前は聞いたか?」

坂西「いえ、聞いていません。」

中田「諏訪さんならどう聞く?」

諏訪「色んな先生のことを聞いていく。あんな先生、こんな先生がいたはず。
   自分にやる気を与えてくれた先生の一言とか。教室以外の先生とか」


中田「そうだ。わかるか、坂西さん。
   3者の違いをやるというのは空中戦。言葉遊びなんだよ。カマルさんの意図とは違う。
   先生の名前から入って具体的に一つずつ思い出してもらう。そこを聞き込む。
   
   研修生は「自分のためだけじゃなく村のために」と言っている訳だろう?
   それならば何か動機付けを与えてくれた存在がいるはずだ。
   つまりファシリテーターの側面を持った人との出会いがあるはずで、これが仮説なんだよ。」

坂西「(絶句)、、、確かに良い先生はファシリテーターの側面を持っているとは考えました。
   しかし、ネパールの先生からはそれを引き出すことはできないと思い込んでいました。
   今気づきましたが、その思い込みに至ったのには二つの理由があります。
   
   一つは実際にその場で聞いたのですが、ネパールの先生は暗記型で一方的に復唱させるだけ、
   という話、それと実際にネパールの学校を見学したときに見た光景。
   それがぴったりとはまったので、聞き込んでも無駄だと決め付けました。
   それが固定観念ですね」

中田「そうだ。思い込みの罠にはまっている。ただ確かにネパールではそういう側面もあるから、
   聞きこんでも出てこない可能性もある。その場合は仮説を捨てることが大事。
   リカバリーポイントに戻り、次に何を聞く?」

坂西「、、、親との会話とか」

中田「そう。親とか、友人とか。諏訪さんが言ったように先生の別の側面もありうる。
   教室以外での先生との会話に何かがあったかも知れない。
   先生の場合ならいろいろな先生と言うのが横軸で、
   先生の色々な側面が縦軸だ。学校に来ることができない生徒を家にまで
   迎えに来たり、相談にのったりしている先生がきっといるはずだ。
   そこは暗記型の先生ではない側面があるかも知れない。

   ともかく日本に来てまで勉強しに来るわけだから、
   なんらかの出会いなり動機付けがあるはずだ、これが大仮説だ」

坂西「確かにこの大仮説を理解すれば、次に親に聞くとか、は自然と見えてきますね。
   これがなかったから見えなかったということも」

中田「これが仮説をたてるということなんだ」

坂西「研修生の経験を軽んじていたようです。最初に言いましたが、「新しい概念」と思っていました。
   研修生のとってはファシリテーターは新しいはずで、出会ってはいないだろう。
   僕が「新しい」と言う以上、研修生から経験を引き出せるわけもないですね。そう考えていない
   わけだから」



坂西「勉強になりました。ただ一番ショックだったのは「なぜ僕は研修生に動機付けを聞かなかったか」
   ということ、その事実です。例えば「有機農業を志した理由」については事実質問を自分なりにしながら、
   聞いていきました。しかし、ソーシャルワークへの動機についてはそれをしてない。
   表面的な理由はありますが、このことへの興味を持てなかったことにショックを受けています」

中田「そうなんだよなぁ。そこがわかっていないがいる。スキルや手法にとらわれて視野が狭くなっている。
   おおらかな人間性で相手を丸ごと受け止める。そういう部分がないと人は動かない。手法だけでは。」


手法の指摘よりも、自分の研修生との付き合い方を改めて考えさせられる結果となりました。
もちろん手法の部分の学びも大きかった訳ですが。

ちなみに中田さんは坂西への指導ファシリテーションをしながら、
諏訪さんを意識していたようです。う〜ん、なるほど。

(上記の発言は坂西に記憶に頼ったものです。表現や内容もそれほど定かではなく、ある程度の部分は、フィクションというか創作も入っていますので、差し引いて読んでください。)
posted by taku at 01:05| Comment(3) | 丁稚、考える。。。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
坂西さん この記事を読んで、「なるほどな〜」と勉強になり、考えさせられました。実は、先日の講座で、自分にとって一番の気づきは、「自分はザンビアで地元の人たちとの関係作りが、エントリーポイントで全然できてなかった。その意識もなかった」ということでした。できるだけ自発性を促そうというつもりで働きかけではいたものの、「教えるー教えられる、指導するーされる」という関係性を最初の時点で崩さないまま(つまり、対等な関係を作らないまま)その後の時間を過ごしてしまったのだと。そう、「(こちらが)知ってるつもり」になるのが一番怖いことだとその日振り返りました。
Posted by いさか at 2011年01月30日 23:28
光の速さ並にあなたの理想の人と直メが出来る銀河系サイト!宇宙人と友達になりたい?Nonnon★夢は諦めるな!夢は諦めなければ必ず叶う!理想の恋人ができないから一生独身かも。けど妥協だしたくない!そう!それでいいんです!この銀河系掲示板があるかぎり必ずあなたは幸せになれる!
Posted by 光速掲示板 at 2012年03月06日 22:23
彼氏のエッチに満足できなかった時に偶然ナンパされた男の人と酔っ払ってエッチしたら凄く気持ちよくて
Posted by Amica20歳 at 2012年05月04日 15:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。