2011年01月15日

カマル・フィヤルさんのワークショップ

中田さんの著書でも紹介されているネパールのカマル・フィヤルさんの
ワークショップの案内です。貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。


==========================================================

『住民主体型開発ワークショップ』の参加者を募集します

(株)国際水産技術開発が業務委託を受け実施する、JICA(独立行政法人国際協力機構)集団研修コース「漁村開発におけるジェンダー主流化」で、住民主体参加型ワークショップを行います。
今回の研修は、ベナン、ラオス、ペルー、ミャンマー、エルサルバドルから7名の研修員の参加が予定され、JICA横浜国際センターで実施されることになっています。

ワークショップの講師、カマル・フヤルさんは、ネパールを始め、カンボジア、フィリピンなどで、NGOやJICAプロジェクトの住民参加型ファシリテーターとして活動されてきました。外務省主催のワークショップやNGOの過疎村再生活動にも携わってこられています。

日 程:2011年2月 14日(月)〜2月16日(水)【3日間】
時 間:9:30〜16:30 (12:00〜13:00休憩)
会 場:JICA横浜国際センター(地図は以下のURLをご参照ください)(http://www.jica.go.jp/yokohama/jimusho/index.html#map)
講 師:カマル・フヤル氏
受講費:無料 (但し交通費および昼食は自己負担)
対象者:3日間出席できる方が望ましい。英語能力不問。大学生〜43歳までの方が望ましい。(43歳という基準は、参加研修員の年齢にあわせています。)
募集人数:14名
申し込み締め切り日:2011年1月22日(結果は各自に連絡いたします。)

ワークショップの目標:
 住民を主体とした農山漁村地域開発の重要性を理解し、住民と共に行う開発計画作成のために必要なファシリテーターの役割を理解し、技能を身につける。

ワークショップの内容:
1 住民参加(主体)型の村落開発の概要を理解する。
2 住民と共に行う漁村・村落調査に必要な様々な調査方法・情報分析手段を理解する。
3 様々な調査手法をロールプレイ及びグループワークによりファシリテータの役割を理解する。
4 住民が主体となって行われる地域開発の擬似的な計画を立案する。具体的には、以下のようなことを、考えながら学んでいきます。
@ロールプレイで貧しい農民役・金持ち・公務員・お坊さん・援助する団体等の擬似村組織をつくり、自分達の生活状況改善のために、誰がどのような役割を担っているか、必要なことが必要なところに届いているか、村の集会がうまくいくのは/いかないのはなぜか、といったことを理解する。
A援助する側とされる側の本質をゲームを通して考える。
B世の中には色々な人がいるが、可能な限り皆が幸せになるようになるよう、公平に要求に応えるためにはどう進めていけばいいか、
C自分が何かを始めるときにどうやって計画を立てたらいいか

その他:英語の能力は問いませんが、やる気が必要です。カマル講師は丁寧に何回も違う言い回しで説明してくれますが、通訳をおきませんので自分で周りをみながら判断できる程度の能力が必要です。

問い合せ先:不明な点がありましたら、ご連絡ください。メールの件名に、「カマル先生ワークショップに関して」と記入して下さい。

担当者:(株)国際水産技術開発 足立
電話:03-5919-0175
メールアドレス:fai@faiaqua.com
ホームページ :http://www.faiaqua.com
posted by taku at 21:00| Comment(0) | 丁稚個人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。