2010年12月14日

中田セッションの振り返り

◆中田セッションのふりかえり

今日から長畑さん復帰で、ついにモジュール5、アクションプラン作成に入ります。

まず、昨日の中田セッションのふりかえりから。
長畑さんが「昨日の学びを私にシェアして」ということでスタート。
それぞれが感じたことをシェア。

「二つのストックがある。一つは相互扶助、もう一つは自然資源。
 外部者としての大きなチャレンジはこの二つの資源をどう守るか。
 まちに移住することで貧困が始まる。なぜならこの二つの資源から切り離させるからだ。」

長畑:モジュール1のコミュニティの機能を覚えているか?
   コミュニティは以前からあった。近代化によってそれらが壊されている。
   宮定さんも人間関係について言及していた。
   神戸では生活スタイルは近代化された。でも人間関係は壊れた。
   大川では?もう一度関係性を繋ごうとしている。が、困難に直面している」

「私達はハリムの娘と息子。アスハールの子どもではない、と中田さんは言った。
 私もアメリカで学び、時間とお金を投資してきた。
 ハリムは自然資源を奪い、教育を与えてきた。
 しかし、息子はコミュニティには戻らなかった。
 自分勝手ではいけない。気づきの多い話だった」

「通常は表面を見る。表面の課題に囚われる。そして深いところは見ない。私達の役割は何か、コミュニティワーカー、マクロを理解してミクロから始めないといけない。」

「持っているものから始めるというのは水俣と一緒だね。
 何を持っているか、そこから始めることが大事だという話だった。
 コミュニティと話すときは、中田さんのように例をつかって話したい。
 そうすればわかってもらえると思う。」

他にも近代化の構造や、資本の存在、マクロとミクロのつながりなど、
みんなの理解力に驚かされるぐらいよく覚えていました。
それだけ印象に残ったということでしょうか。
確かに昨日の話は知識というよりは、自分の行動指針にすっと入ってくる、という感じで
血肉になるという感覚がありました。特に事実質問というミクロに集中している中で、
度々どこに進んでいいかわからなくて迷子になることがありましたが、そんな時の道しるべになるような気がしました。もっとも中田さんには偏りすぎるな、とも言われましたが、ともかくしばらくはこのコンテクストを使ってミクロリアリティを見てみたいと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。