2010年12月07日

神戸FW一日目

◆コミュニティサポートセンター神戸

今日は神戸FW初日。
まずはコミュニティサポートセンター神戸を訪問させていただきました。


P1080975.JPG


CS神戸の概要を説明してくれたのは飛田敦子さん。
今日の午前のFW全体のコーディネートもしてくれました。

P1080974.JPG

日本では約4万のNPOがあり、神戸には約1500があるそうです。
またCS神戸の設立前夜には「ありがとうと言いつかれた市民の存在があり、
言われる側にまわりたい、という願望があった」ということでした。

現在は200のNPOに対して財政的なサポートや人のマッチングなどをしているようです。
今日はそのうちからいくつかの事例を紹介してくれました。

P1080978.JPG

また興味深い例として「くるくるバス」のことを紹介してくれました。
最初は調査として関わったということですが、高齢者の多い、かつ階段の上にある立地、
そこにバスを最初の一ヶ月は無料で、次の一ヶ月は有料で走らせたそうです。
結果、有料にしても利用者は減らず、今では民間の会社が運営をしているそうです。
全国でも珍しい事例ということで、視察がよくくるそうです。


◆行政からの受託事業、サイクルピット

CS神戸は他にも人材育成としてNPO大学などもやっているそうです。
他には行政との協働ということでサイクルピットの活動をしているということで、
その現場を見せてもらいました。

P1080981.JPG

現場で担当者の朴さんから話を伺う。
サイクルピットとはいわゆる駅前の駐輪場のことです。

P1080982.JPG

予算は1700万で。会計を入れて19人の人を雇用しているそうです。
ほとんどが60歳以上の高齢の方だそうです。
CS神戸が受託してからサービスや対応がよく、評判がよいそうです。

P1080986.JPG

また地域の掃除なども積極的にやっており、地域住民との連携もうまくいっているそうです。

P1080987.JPG


この後、東灘の子育てネットの訪問、総括質疑をCS神戸で行った後、
人と防災未来センターで震災についての学びを深めました〜
posted by taku at 22:12| Comment(0) | 中田インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。