2010年08月27日

コミュニティ・ファシリテーション交流会第1回 「国際協力の現場で培われたコミュニティ・ファシリテーション」のご案内


コミュニティ・ファシリテーション(CF)交流会は、国内海外の現場で、住民参加
のまちづくり・地域づくり、参加型コミュニティ開発・持続可能な開発などに携
わる人々が、相互の経験交流の中から共通課題を発見し、問題意識を語り合う中
から、いわば「よそ者の地域作法」のあり方を考えようと始まった市民グループ
です。2010年秋は「コミュニティ・ファシリテーションの先達に学ぶ」と題して、
国内外の地域で住民主体の活動づくりに長年携わってきた方のお話しをお聞きし、
互いの経験交流を進める勉強会を開催します。その一回目は、国際協力の現場で
長く働いてこられた専門家、参加型開発研究所の中田豊一さんをお招きし、参加
型開発の第一線で培われた「コミュニティ・ファシリテーション」の極意をお話
しいただくことになりました。

中田さんは国際協力NGO「シャプラニール」のバングラデシュ駐在員を皮切りに、
NGOや政府援助機関の専門家として、ネパールやラオス、インドネシア等の農山
村で住民参加型の開発協力活動に取り組んでこられました。また日本国内でも地
元神戸の市民活動等に積極的に関わっています。そしてご自身や仲間の現場での
試行錯誤等をもとに、コミュニティの主体的な動きを引き出すファシリテーショ
ンの理論と手法をまとめ、参加型開発研究所主催で「マスターファシリテーター
養成講座」を、国内外の現場で活動する方々向けに開催しています。

今回の交流会では、中田さんのファシリテーション理論や手法が生み出された経
緯やその中身について、ざっくばらんに語っていただきながら、地域づくりの現
場におけるファシリテーションの極意や日本国内への応用可能性について、皆さ
んとともに考えていきたいと思います。


コミュニティ・ファシリテーション交流会
2010年第1回「国際協力の現場で培われたコミュニティ・ファシリテーション」

講師:中田豊一氏(参加型開発研究所主宰)

日時:2010年9月26日(日)午後3時〜5時半

場所:JICA地球ひろば・セミナールーム303
(東京都渋谷区広尾4-2-24 電話03-3400-7717)
(地下鉄日比谷線広尾駅下車3番出口徒歩1分)

※アクセスはこちらをご参照ください
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

参加費:1,000円

主催:コミュニティ・ファシリテーション交流会
(事務局:一般社団法人あいあいネット)

参加ご希望の方は、事務局(Tel/Fax 03-3204-1316、
email:i-i-net@zj9.so-net.ne.jp)までお知らせください。
posted by taku at 20:46| Comment(0) | 中田講演関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。