2010年06月16日

2010年度JICA-NGO連携による実践的参加型コミュニティ開発(A・B) 第1回運営委員会

今年度もやってきました!
中田さんによる表題のコースのための運営委員会が行われました。

場所は関西NGO協議会。参加者は受託団体の関西NGO協議会と
JICA大阪の担当の方、それに運営委員の面々です。

中田さんがファシリテーターを務めるAコースは7月末から開始。
今年も期間は6週間。今回の委員会では主にAコースの選考を行いました。

珍しく女性が多く、選考に困るといういつもの逆パターンでした。
また昨年度参加してくれた研修員の団体からも応募があり、
継続性を実感できる選考でもありました。


そして今年のコースコンセプトが中田さんより説明されました。

「今年はファシリテーションスキルの習得を軸に進め、
 日本の近代化とCommunity Developmentをもう一つの軸にする。
 フィールドワークもインタビューのトレーニングという位置づけにする。」

ということで、JICA大阪でファシリテーションスキルを練習し、
フィールドワークでその実践、という組み立てになるようです。

いやぁ、面白そうだなぁ。僕も参加したかったです。
posted by taku at 23:45| Comment(0) | JICA研修(中田コース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。