2010年05月26日

丁稚、弟子になる

◆今日から弟子になりました?

先日、別の仕事で聞き取りを行ったことはこのブログでも
報告しましたが、その記録を中田さんに見てもらいました。

さ「まだまだかと思いますが」

な「本当にまだまだだな。全くわかっていない」

というやりとりがあり、今日はその記録に従って、
具体的に指導を受けました。

今までもいろいろと指導は受けていた訳ですが、
自分の感覚的には弟子よりも丁稚であり鞄持ちでした。
が、なんだか今日は「あっ、弟子かも」と思いました。

中田さんのところでお世話になって約1年。
中田さんからも「そろそろウォーミングアップは終わりだから」
らしいので、これからは弟子を名乗れるように精進していきます。


◆定石1 「相手から聞いてきたことは掘り下げろ」

相手がわざわざ聞いてきたことは、その人の興味を示すものだから、
掘り下げる。いわゆる無刀どり、だそうです。
和田さん、中田さんはよくやる手だそう。
まさに相手が刀を繰り出してきたわけだからそれを利用しろ、だそうです。

ちなみに僕の記録ではそれは最初のタイミングにありました。
「日本の人たちは私たちから何を学ぶのか」という研修生の質問。
1時間のこちらからのオリエンテーションの後の質問でした。

これを坂西は抽象的な質問だと判断し、
あまり掘り下げずにやりすごしました。

が、ここが研修生と「学ぶ」ということの共通理解を得るチャンスだった、
というのが中田さんの指摘でした。
パートナシップビルディングの機会だったとも。

これは聞き取り中にも全く頭をかすめなかったことでした。
が、結果として研修生に「私は何も知らないから学びたい」と
言わせてしまった。自信が無い研修生に追い討ちをしたのだ。
中田さんが言う機会をやりすごしてしまったことにあるのだと思う。

相手の質問をどう聞いていくか。
まだイメージはもてないが、定石としてそこをフォーカスすること
だけは次からやっていこうと思う。


◆定石2 「抽象的であれば具体化する。本人の経験に落とし込む」

中田さんに言わせれば僕の聞き取りは全て「一般化されたもの」という
ことだった。これは神戸基礎講座を聞きながら自分でも感じたことだった。

具体的に聞き込んでいくとは、「何タカ札でもらったか」というような
詳細を立体的に聞くことであった。
今日は「4w1h全て聞け」ということを言われた。
僕は「いつ」や「どこで」を単発で聞いているだけだったので、
とても思い出させるには至っていないようだった。甘い、とのこと。

ただこれらは定石1の無刀どりのときと違い、
聞き取りをしながらどこか違和感を感じていたことだった。

そうじゃないのに、うまく聞けない、という感覚。
その一つが、上記の「抽象的な答え」だ。

自分なりに経験を聞いていく(これが不十分だったわけだが)、
その中で「よかった」というパーセプションがでてくる。
例えば、「牛の成長がよかった」と返って来る。

そうすると僕は途端に空中戦に引っ張り込まれ、
「その方法を知っていますか」と聞いてしまう。

結果、知っているはずの研修生に、「忘れてしまった」と言わせてしまった。
漠として聞いたから自信のない研修生には何が正解か判断がつかずに、
そう言うしかなかったのだと思う。
それを坂西の質問が引き出してしまったわけだ。

そこで4w1hを使って、具体的に聞いていくことが必要だった。
「よかった」と彼が判断した基準を聞き込んでいくことが。

これは定石1と違って、なんとかできるはずだ。いややってやるぞ。


◆「自分のパターンを見つけそこから学ぶ」

という中田さんの言葉を借りれば、今日ずたぼろにされて良かった。
というのも自分のパターンで言えば、物事を習得するのに
最初からうまく行ったことはあまり、いやほとんど経験がない。

だいたい最初にやってダメで、そこから学んでいくパターンなので、
今日中田さんをがっかりさせるぐらい落ちたのは前向きに捉えたい。
なんだか最近、少しはわかってきたな、と思われていたので、
前よりも馬鹿な質問がしにくくなったためだ。

しかし、それはそれとして、悔しいのは悔しい。
次の聞き取りは週末にある。そこでは中田さんをぎゃふんと言わせてやるような聞き取りを、、、したいなぁ。(早くも弱気)

「まぁ次でいきなりできるようにはならないよ」by nakata

今日は他にもいろいろと学びましたが、一気にはとてもできないので、
ともかくこの2つを次に活かします。乞うご期待。
posted by taku at 23:46| Comment(0) | 丁稚、考える。。。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。