2009年08月28日

広島研修、ふりかえり

昨日の疲れをとるため午前中は休み。
午後からふりかえりの時間。

いつものように係の人のdairy reportを元に
それぞれが自由に語る。

疲れもあるので、今日もこんな感じで進むのかな、と
思っていたら、突如雰囲気が変わってきた。

それは中田さんが今後の進め方を参加者に相談した時だった。
研修のふりかえりをどうするか、まとめてやるか、毎回やるか。

ジョセフさん「毎回やりたい。最後だと忘れているかもしれないし、
        他の人の学びを聞きたい。自分にはない発見があるから」
ヴィヴィアナ「私の意見では中田さんのスキルを学んでいきたい。
        ふりかえりも重要だが、おしゃべりではあまり意味がない。」
ロクサナさん「フレームワークが重要だと思う。より良い分析をするために」

というやりとりがなされ、中田さんもギアを切り替え、抜き身を出す。

sharingを続けてきたが、身になっていないことを参加者自身が感じていたのだと思う。
そのフラストレーションを増大を見抜いての中田さんの働きかけ。

中田さんからソーシャルワーカーの役割、質問の仕方を整理した後、
人間の行動科学、外的要因と内的要因についての説明がある。

納得している参加者、今までの自分の方法論とのあまりの違いに戸惑う参加者。
さぁ、来週から次の段階だ。
posted by taku at 00:00| Comment(0) | JICA研修(中田コース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。