2009年09月29日

事務所復帰&JICA会議

今朝は久しぶりに事務所へ仕事に行く。
JICA大阪と比べてなんと近いことか。快適♪
午前中は、会計の処理や溜まっている雑務をこなす。

午後からJICA−NGO連携による参加型開発研修の会議。
まず8月の中田コースの報告から。

・新型インフルを無事に乗り切ったこと。大きな体調崩れなし。
・研修員のレベルが高かった。
・日程を柔軟に対応した分、2,3日足りなかった。
・アクションプランが意欲的かつ現実的だった。
・近代化とコミュニティの関係性をメインに。比較分析を行った。
・JICAからの呼び掛けも強めた。結果、多様性が生まれた。

などなど。一番の課題としては中田さんの代役がいないこと。
長期間倒れた場合は仕方がないとしても数日も空けられないのは課題。
研修員からも指摘があったとのこと。

その後、Bコース、長畑・三輪コースの研修員選考へ。
大きな課題はジェンダーバランス。
割り当て国はアフガニスタン、トンガ、ネパール、フィリピン、
ソロモン、グアテマラ、ドミニカ。
しかし、女性の応募はトンガとソロモンのみ。
しかも現地JICAの優先度が高くないときた。
その辺に悩みをかかえながら、なんとか10名決定。
うち女性は2名。ちょっと少ないがやむえないか。
ただ今後の改善は必要。さてどうしたもんか。

会議はここで終了だが、
JICA本部から偉いさんが来ているということで、
意見交換会をすることに。
形だけの表敬訪問かと思いきや、JICA大阪の所長の進行で、
盛り上がり、というか刺激的な議論が展開された。
(かなり面白かったので、全部書いてしまいたいけど、
 ちょっと差支えがありそうなので割愛。興味のある人は直接連絡下さい♪)
posted by taku at 00:00| Comment(0) | JICA研修(中田コース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。