2009年11月30日

新!マスターファシリテーター講座 第二回目


第二回目。前回欠席だった岡山のNGOスタッフの方も参加され、
定員いっぱいの9名が揃う。

まず、中田さんの事実質問。
「前回何を勉強したか覚えている?」
印象を聞くと操作するかも知れない。
知りたいからと言って、そのまま聞かない、とのこと。

・問題から課題へ

問題について話をしている時に課題と問題の違いについての質問があった。
中田さんは次のように説明。「細かい定義にはこだわらない。
問題とは困ったこと。問題を解決しようと試みる時に課題となる」

続けて「ここで大事なのは本当にこの問題は問題なのか、の『本当に』の部分。
課題解決のファシリテーションの第一歩は、本当に課題かどうかを
こちら側ではなくて、本人が確認すること」と指摘。

ここで中田さんが参加者に、何か課題はあるか、と投げかける。
ある参加者が「犬が散歩に行けない」と答え、この課題を取り上げることに。

中田「一番、最近散歩に行ったのはいつですか?」
参加者「昨日」
中田「事実として行けているね。その前は?」
参加者「一週間ほど前」
中田「それで困ったことは?」
参加者「犬が寝ないで夜吠えること」

上記のようなやりとりをやってみせる。
「一番最近」という核心に迫る質問の意味と
問題が課題であるかを確認するための術として、
困ったことを聞くと言う方法を伝授。
その後、以下のようにやりとりを続ける。

中田「いつから犬を飼っている?」
参加者「2004年4月」
中田「よく覚えているねぇ。誰が散歩に行くと決めていた?」
参加者「妹。」
中田「いつごろからいかなくなった?」
参加者「私が2年家を離れて戻ってきたらいかなくなっていた」
中田「妹さんが行くと最初に決めたが、どのぐらいの頻度で
散歩に行くかは決めていた?毎日とか、二日おきとか」
参加者「決めていない」

これだけのやりとりに事実質問のセオリーがかなり含まれている。
その後、セオリーをまとめたレジュメを配布。
今のやりとりをセオリーに沿って解説する。

上記、犬の散歩の件を他の参加者が一生懸命、解決をしようとして
色々な提案をしてしまったことに触れ、
「提案をしてはいけない、本人が気付くことが重要」とコメント。

その後、実際に練習しましょう、ということになり、
「改めたい習慣、直したい癖」、できるだけ人間関係にかかわるもので、
というタイトルで二人一組でワーク。

それぞれの感想は、「一応の解決に至ったが、提案してしまった」
「質問がでてこない」、「話をしている間にポイントがずれてしまった」
「事実を聞いていくのが難しい、フレーズを持つ必要性を感じた」
「一番最初に起こったことを聞かれて、気付きがあった」
「どうしても気持ちを聞いてしまう」「細かく聞けなかった」
「認識と違う角度で聞いてもらい、原因が違っていたことに気付いた」

最後に中田さんが「始めからうまくいくものではない。しかし、
私の経験から起点を聞くことは有効だと言える。」とコメントして終了。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。