2010年07月25日

修了者からのフィードバック

マスターファシリテーター養成講座の修了者の方から
フィードバックをいただきましたので紹介させていただきます。

とても順調のようで、修行中の丁稚としても勇気付けられる内容です。
みなさん、ぜひご一読下さい。


~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ここ数ヶ月、ファシリテーションで学んだ質問のコツを実践で応用してきましたが、
この頃になって何といったらいいのか「絵が描ける」ようになってきたような気がします。

仕事でヒアリングなどする場面で、提出されたレポートや報告書の行間というか
抜けている情報やあいまいな記述の部分を尋ねていくと、
本人が書ききれなかった背景について、何があったのかをどんどん話してくれて、
問題点が浮き彫りになり、イメージが膨らむ…そんな経験を何度かしました。

先日も大学院で勉強をしている学生の話を聞いていたとき、
問題点が明らかになってきて、
本人が自分自身の気づきに驚き、新たな着想を得、
「研究テーマについての考えを深めることができた」と、
そう言って喜んで帰っていきました。

先日、自分自身で書いた報告書を読み比べてみて、
以前書いていた報告書よりもずっと内容の濃い面白い記述に
なっていることに気付いたのです。

話を聞いていくうちに具体的なイメージが膨らんで、
頭の中に絵が描けるようになったのにはわれながら驚きました。
「すごいことが起こってる」とわくわくました。
マスターファシリテーション講座の効果ですね。きっと。

まだまだ修行中の身ですが、
これからもインタビューをするチャンスがあるので、
ファシリテーションを実践していきたいと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。