2010年06月19日

第六回、中田塾開催しました!

IMG_1285.JPG

中田さんも参加の第六回開催しました。
参加者は9名。過去最大です♪

今日のネタは成功例が2つ。


◆成功例、その一

プロジェクト地で予定されていたことが実行されていなかった。
間が悪く、ドナーと一緒に行った時にそれが判明した。

現地スタッフはそれを「なぜだ」と攻めてしまっていたので、
時系列でその日のことを聞いていくんを見せてあげた。

聞いていくと予定外のハプニングがあったことがわかり、
その人自身も「今度からは30分早く集まろう」と気づいた。

それを見ていた、現地スタッフも「気づかせてもらった」と
言ったという。絵に描いたような成功例。

最後のふりかえりでは、みな「成功例が聞けてよかった」
「勇気をもらった」と。

発表してくれた人は「日常でもWHYを使うと罪悪感を感じる」という
ぐらい意識化が進んでおり、中田さんも「行動パターンを変えるとは
こういうこと」と感心されていました。


◆成功例、その二

チラシの発送って?

チラシの発送には少なくとも、
印刷、デザイン、郵送などの要素があり(ほかにもあったけど忘れた)
分解していくことが重要。

つまり、チラシの発送をする、というのは事実ではない、という指摘がありました。

しかし、その分解を忘れていては分解できないなぁ。


◆その他

他にも話をしていく中で、参照点、コンテクストの重要性、時系列で聞く、
類似体験を思い出す、などの重要な点が自然とでてきました。

王将とサイゼリアの話もでたなぁ。

ずいぶんと中田さんの方法論が浸透してきつつある感じです。
中田さんも喜んでいるように見えました。

丁稚、若干置いていかれ気味です。がんばって追いつかねば。
posted by taku at 02:11| Comment(0) | 中田塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。