2010年05月21日

神戸基礎講座、開催しました!

いよいよ基礎講座最終回、神戸で開催しました。

遠くは東京、岐阜、京都から泊りでご参加いただき、
総勢6名集まってくれました。

中田さんは東京から移動してきて、そのまま講座という
強行スケジュールでしたが、今日もコンパクトに内容を
まとめて講義されていました。

通常の基礎講座3回分を凝縮し、最後のこうコメントされていました。

「私から伝えることはこれで以上ですが、
 本当はもっと具体例などを交えてお伝えしたかった」

確かにエッセンスは話の中に全てあったように思いますが、
それぞれが一朝一夕で身につくスキルでないだけに、
もう少しじっくりとやりたかったのも事実。
特に一度講義を受けて自分で練習してくる、ってのが重要ですね。


◆一般化された質問

さて、個人的に今回印象に残った箇所は、
「一般化された質問」です。

中田さんのスキルの基本の一つですが、
まだよくわかっていなかったことが判明しました。

というのも先日、別の職場でインドネシアの方にインタビューを
したのですが、その際に事実を聞いているつもりで
思いっきり「一般化された質問」をしていたことに気づいたからでした。

特に経験を聞くときですね。「農薬が使ったことがあるか」とか、
経験を聞いているつもりで、ぼやけたことを聞いていますね。


◆具体的に聞くとは?

それと今日は具体的に聞くとはどういうことか、という
実例を出してくれました。

例はマイクロクレジットでお金を借りた際のこと。

「何タカ札でもらったか」「どこに入れて持って帰ったか」
「帰り道にどこの寄ったか」「お金はどこに隠したか」

全て書ききれませんが、具体的に聞く、ってのはこれぐらいの
レベルだそうです。「考えさせるな、思い出させろ」だそうです。
これぐらい立体的に聞いていくことで可能になる、と解釈しました。

ちなみにこの前提には、「マイクロクレジットで大金をもらった時の
ことは人生で初だからきっと覚えているはず」という行動科学に
基づいた仮説があるようです。


終了後は、遠方から来られている方々と遅い夕食を食べに行きました。
高山合宿で再会できることを楽しみにしています♪

2010年05月20日

国際交流基金防災研修の 募集

参加型開発研究所もお世話になっている、
長田にあるまち・コミュニケーションの宮定さんからの情報転載です。


============================

国際交流基金が主催する下記研修への日本人参加者の募集の案内です。

@神戸、新潟の震災復興の軽減、水害リスクの高い東京都内の見学などが現地の専門家・復興市民組織の解説付きで勉強できる
A交通費・宿泊費は無料(すべて国際交流基金が負担)
B東アジアの防災にかかわる将来のリーダ−(公的セクター、非営利セクター)とディスカッションができるなど特典満載です。

大学院生、NPO関係者、所属は問わず、
参加資格は下記の三点です。
・2010年7月1日現在で35歳以下であり、 教育、芸術、学界、行政、ビジネス、ジャーナリズム、NGOなどの分野で活動しており、今後も引き続き活動を行なう意志のある者
・英語で本テーマについて自分の職業上の経験・意見を十分に発表し、討議する能力がある者
・日本国籍を有する者

<<人材募集>>---------------------------------------------------------
●JENESYS 次世代リーダープログラム 日本人参加者募集(締切:5/26)

ジャパンファウンデーションでは、「21世紀東アジア青少年大交流計画 Japan-East Asia Network of Exchange for Students and Youths (JENESYS) Programme」の一環にて、次世代リーダープログラムを実施しています。 これにともない、2010年6月〜7月に海外14カ国から来日する若手知識人と ともに議論を深めてくださる日本人参加者を募集します。

テーマ:防災と人々のつながり:災害に強い社会の構築を目指して
日程:2010年6月21日(月)〜7月2日(金) 12日間
訪問地:東京都、兵庫県(神戸市)、新潟県
募集人数:2名程度
応募締切:5月26日(水) 正午
プログラム詳細は、下記Webサイトをご覧ください。 http://www.jpf.go.jp/j/jenesys/intel/exchange/apply10.html
posted by taku at 20:25| Comment(0) | 丁稚個人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

名古屋基礎講座、開催しました!

初の名古屋での基礎講座開催しました!

以前から名古屋での開催の声が高かっただけに
今回の3講座では一番人気の8名参加。

会場は噂の?JICA名古屋地球ひろば。
坂西も参加者のTさんと一緒に車で参加してきました。


◆いつ、どこ、事実質問の組み合わせ方

今回、印象的だったのは、
いつ、どこで、という事実質問の基本形の組み合わせ方。

中田さんがよく「考えさせるな、おもいださせろ」と言っていますが、
自分でやってみると、どうも立体的にならないのが悩みでした。

今日の中田さんがFさんへの聞き取りの様子を聞いていて、
いつ、どこで、を単発でなく、組み合わせながら使うことで
立体的に思い出せているように思いました。

と、和田さんや中田さんに言ったら「考えすぎた」と
笑われるんんだろうなぁ。


◆「ただ観る」

もう一つは、「ただ観るんです」というフレーズ。
自分の行動を変えるのは容易ではない、だから「ただ観る」。

参加者から「どれぐらい我慢すればいいのか」という質問に対しても、
「ただ観るんです。そして以前の自分のタイミングより
 前より3秒我慢すればいいんです。」とのこと。

なるほどなぁ。
何度聞いても常に新しい発見がある、中田さんの講義でした。

名古屋講座の参加者もみなさん対人援助の経験が豊富な方が
多かったので、それぞれに得るところが大きかったようです。
みな、自分の経験をふりかえっておられる姿が印象的でした。

2010年05月15日

東京基礎集中講座、開催しました!

東京講座開催しました!

高山合宿に繋がる基礎講座の第一弾です。
東京講座の参加者は4名。
遠く青森県からご参加の方も居ました。

短期集中型なので若干ペースは速かったようですが、
その分密度の濃い時間になったようでした。

参加者からも下記のようなコメントをいただきました。


「とてもおもしろかったです。東京でファシリ講座を
 開催する機会には参加できたらと思います」

「素晴らしい講座でした。今まで自己流でやってきて
 迷い道に踏み込んでいる状態でした」

高山講座が楽しみです。

2010年05月06日

JICA研修・アフリカ英語圏・障害者支援コース

いきなりですが、表題のコースに関わるお仕事を
市民活動センター神戸さん(以下KEC)からいただき、
お仕事させていただくことになりました。
JICA兵庫の青年研修です。

ちなみにKECの理事長は中田さんです。
丁稚の個人活動であり、どこまでファシリテーションが
生かせるかはわかりませんが、このブログでUPしていきます。

今日はKECのJさん、Yさんと打ち合わせ。
これで3回目かな。現在、スケジュール作成中。
だいぶ固まってきました。本番は7月です。

スケジュールに関して丁稚はあんまり役に立てることはないので、
お二人にいろいろと教えてもらっている感じです。
posted by taku at 22:36| Comment(0) | 丁稚個人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。