2010年03月09日

再挑戦!が、やっぱり迷子に、というか潜れない?

再び漁村へ。前回とは別のところ。
今日は村ですでに行われたプログラムについて聞いてみる。

IMGA0056.JPG

◆海岸沿いにある村


丁稚「坂西です。家族がいます。妻と子の写真です。
   これはおばあちゃんです。100歳で去年亡くなりました。」

IMGA0054.JPG

◆インタビューの様子

ムンさん「うちのばあちゃんも103歳。まだ歩けるよ」

丁稚「バグース(すごい)!何を食べているんですか?」

ムン「ばあちゃんは子どもから魚をもらって食べてる。
   でも子どもが多いから、いっぱいもらうんだ。
   ばあちゃんはそこから良い魚を選ぶ目をもっている。」

丁稚「勉強になります。一度お会いしたいです。
   ところで魚はどうやって獲るのですか?」

ムン「このネットを使ってだよ」

丁稚「へぇ、このネットですか。これは作ったんですか?」

ムン「いや、政府にもらったんだよ」

丁稚「いつ?」

ムン「先月に。ボートと一緒にな」

丁稚「ボートもですか?」

ムン「そうだよ、あの青いボートさ」

IMGA0055.JPG

◆政府からもらったボート

丁稚「ボートを前回つかったのはいつですか?」

ムン「まだ使ったことがないよ。漁の時期は来月からだ」

丁稚「そうですか、では今日は海には行ってないんですか?」

ムン「行ったよ、このボートで。海草をとりにね」

丁稚「へぇ、このボートももらったんですか?」

ムン「いや、このボートは作ったんだ。自分で」

IMGA0057.JPG

◆自分で作ったボート

丁稚「すごいですね、どうやって作り方を学んだんですか」

ムン「親父からだよ」

丁稚「材料はどうしたんですか?」

ムン「自分の家のマンゴーの木さ」

丁稚「じゃあお金は使っていないんですか」

ムン「そうさ」

丁稚「そいつはいいですね。
   ところであの青いボートはいくらぐらいなんでしょう」

ムン「さぁ、いくらだろうね、もらったからなぁ」

丁稚「あのボートってエンジンついていますが、
   何年ぐらい使えるんでしょうか?」

ムン「整備次第じゃない?5年ぐらいは使えるんじゃないか」

丁稚「五年後はどうしますか?」

ムン「お金を貯めて買うかなぁ」

ざっとこんな感じでした。
この後、どこに行っていいかわからず、、、


その後、別の場所で和田さんが村長を含め何人かと話している。
通訳の人が和田さんは「JICAから来た」と言ってしまう。

そうすると村長さんが「まだまだ援助が必要だ」と言いだす。
が、和田さんと数分話していると、「私たちの村は力がある。
自分たちでやっていけるんだ!」と主張するようになる。

う〜ん、深い。
迷子というより、潜らないといけないのか、と感じる。
平面でいくら道を探しても見つからないのかも、、、


posted by taku at 06:03| Comment(0) | 中田インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。