2010年03月10日

村人に怒る?

和田さんは参加者を「ぐりぐり」する。
とことんしごくのだ。しかし、参加者はみな笑顔だ。
嫌な顔ひとつせず、むしろ喜んでいる風ですらある。

不思議だったが、まぁ研修なのでやる気があれば、当然そうなる。
しかし、和田さんはコミュニティでも同じようにやるらしい。
それを聞いたときは衝撃だった。

以下、そのやりとり

和田「村人だって同じようにやるよ」

丁稚「村人もですか?」

和田「そうだよ。当然だ」

丁稚「村の人は、嫌がったりしませんか?」

和田「全く。俺が怒るのを待っている。
   怒ると「えへへ」っとか言ってさ」

丁稚「それはオーナーシップが確立されているからでしょうか」

和田「そうだよ。あとはこちらが本気でやっているのがわかるからだ」

丁稚「恥ずかしながら、そういう状況がイメージすらできません」

和田「そうだろう」


オーナーシップをつくる、というのは参加型アプローチでの一つのポイントになる。

それぐらいのことは知っているつもりだった。本にもあるし、皆言う。
言葉としてはどこでもあるのではないだろうか。
しかし、その内容を全く理解できていなかったことに今日気付けた。

上記で述べたように、僕には「外部者に怒られても、喜んでアクションプランを
つくるコミュニティの人々」がイメージすらできない。

というのも今までの自分の経験の範囲内では、そんなことをしたら、
向こうも怒ってしまって、物事がうまくいかなくなると思っていたからだ。

それが一つの偏見であり、自分の関係性づくりができていない証拠だった。
つまり、やはり「こちらの意図することをやってもらう」というイメージが自然とあったのだと思う。

これをもう少し考えていくと、「村の人には意味がない(もしくはあまり意味がない)こと」
というのを無意識化では認識した上で「村の人にやってもらう方法」を考えていた、
ということになるような気がする。
これでは中身が一緒でシールだけ張り替えているにすぎない。
もしくは「参加型でその気にさせる」とか。

もちろんシールだけ張り替えている活動はたくさんあるし、
そういった活動はよくない、と思っていた。
自分がやっていることはそうではない、と思っていた。
しかし、それは思い込みで実はあんまり変わらなかったのかも、、、

というのも
水俣で地元学をやるときもそういった意識があったように思う。
オーナーシップの確立の方法を知らなかったとは言え、
上記のような活動ならやる意味はどこにあるのか。

「腹の底から納得する」 「If I find it, I use it」
それぞれのシンプルな言葉が深い。まだまだ理解が追いつきません。
posted by taku at 17:25| Comment(0) | 中田インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

再挑戦!が、やっぱり迷子に、というか潜れない?

再び漁村へ。前回とは別のところ。
今日は村ですでに行われたプログラムについて聞いてみる。

IMGA0056.JPG

◆海岸沿いにある村


丁稚「坂西です。家族がいます。妻と子の写真です。
   これはおばあちゃんです。100歳で去年亡くなりました。」

IMGA0054.JPG

◆インタビューの様子

ムンさん「うちのばあちゃんも103歳。まだ歩けるよ」

丁稚「バグース(すごい)!何を食べているんですか?」

ムン「ばあちゃんは子どもから魚をもらって食べてる。
   でも子どもが多いから、いっぱいもらうんだ。
   ばあちゃんはそこから良い魚を選ぶ目をもっている。」

丁稚「勉強になります。一度お会いしたいです。
   ところで魚はどうやって獲るのですか?」

ムン「このネットを使ってだよ」

丁稚「へぇ、このネットですか。これは作ったんですか?」

ムン「いや、政府にもらったんだよ」

丁稚「いつ?」

ムン「先月に。ボートと一緒にな」

丁稚「ボートもですか?」

ムン「そうだよ、あの青いボートさ」

IMGA0055.JPG

◆政府からもらったボート

丁稚「ボートを前回つかったのはいつですか?」

ムン「まだ使ったことがないよ。漁の時期は来月からだ」

丁稚「そうですか、では今日は海には行ってないんですか?」

ムン「行ったよ、このボートで。海草をとりにね」

丁稚「へぇ、このボートももらったんですか?」

ムン「いや、このボートは作ったんだ。自分で」

IMGA0057.JPG

◆自分で作ったボート

丁稚「すごいですね、どうやって作り方を学んだんですか」

ムン「親父からだよ」

丁稚「材料はどうしたんですか?」

ムン「自分の家のマンゴーの木さ」

丁稚「じゃあお金は使っていないんですか」

ムン「そうさ」

丁稚「そいつはいいですね。
   ところであの青いボートはいくらぐらいなんでしょう」

ムン「さぁ、いくらだろうね、もらったからなぁ」

丁稚「あのボートってエンジンついていますが、
   何年ぐらい使えるんでしょうか?」

ムン「整備次第じゃない?5年ぐらいは使えるんじゃないか」

丁稚「五年後はどうしますか?」

ムン「お金を貯めて買うかなぁ」

ざっとこんな感じでした。
この後、どこに行っていいかわからず、、、


その後、別の場所で和田さんが村長を含め何人かと話している。
通訳の人が和田さんは「JICAから来た」と言ってしまう。

そうすると村長さんが「まだまだ援助が必要だ」と言いだす。
が、和田さんと数分話していると、「私たちの村は力がある。
自分たちでやっていけるんだ!」と主張するようになる。

う〜ん、深い。
迷子というより、潜らないといけないのか、と感じる。
平面でいくら道を探しても見つからないのかも、、、


posted by taku at 06:03| Comment(0) | 中田インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

将来のマスターファシリテーター?

和田さん、中田さんの通訳をしてくれているNさん。
彼女の横でかちゃかちゃと速記録を作る毎日。

今日の終了後、僕のデスクトップの写真を見つける。
そこには息子の七五三の時に家族で撮った写真が。

nさん「家族の写真?いいね。これは何の儀式?」

丁稚「日本の伝統的な儀式。七五三っていう。
   子どもが三歳、五歳、七歳になった時にお祝いをするの」

nさん「なんで?・・・
    あっ、パーセプションを聞いちゃった(笑)」

別の人「そうだよ、事実を聞かなきゃ(笑)」

丁稚「本当だ。確かに「いつ」と聞けば答えにたどり着く
   始まった時代のことを反映しているから」

nさん「そうなの?」

丁稚「七五三がいつ始まったかは正確には知らないけど、
   その昔、日本でも乳幼児死亡率が高かったらしい。
   だから、七歳、五歳、三歳まで無事に生きられたことのお祝いやって。
   ちなみに女の子は三歳と七歳。男の子は五歳と七歳。」

nさん「ってことは、女の子の方が死にやすかったのかな?」

丁稚「さぁ?そうだったのかな」

(帰ってきてインターネットで調べると、そういう説もあった。)

nさんは今回で和田さん、中田さんにつくのは3度目のよう。
英語も同時通訳ができるし、ファシリテーションについても理解を深めているよう。
「和田さんの通訳をした人はみんなマスターファシリテーターになっている。
一人の例外もなく。だって和田さんの言葉をよく理解しないと通訳できないだろう?」とのこと。

それを聞いてnさんは「ビッグプレッシャー」と笑っていた。
ワークにも通訳としてだけでなく果敢に参加。
マスターファシリテーターになる日も近い?
posted by taku at 23:21| Comment(0) | 中田インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

参加者のコメントにレスポンスしない?

今日も昼ごはん時の話。

今日はJICA専門家のSさんの誕生日。

IMGA0048.JPG

◆バースディヌードルでお祝い。長生きするように長い麺料理。


IMGA0047.JPG

◆ダックちゃん、before


IMGA0046.JPG

◆ダックちゃん、after


IMGA0049.JPG

◆ピリ辛あんかけ豆腐


IMGA0050.JPG

◆チョコドリアンインドネシア風カキ氷?
 ドリアンが種ごとinされてました!まだ口中に匂いが、、


お腹いっぱい食べたところで、なんとく研修の話に。


中田「和田さんは研修のときに、研修生が一生懸命ワークをして、
   「これはこういう意味だったんですね」
   とか興奮して言ってきても全く相手にしないんだよ」

和田「そっ、「そうか、じゃあ次にいこう」て言うんだ。だって必要ないじゃないか」

中田「池住さんも一緒で突き放すんだよなぁ」

丁稚「???」

中田「わかるか?」

丁稚「。。。(いやわかりません)」

中田「見ているのは参加者が理解したかどうかなんだ。」

和田「理解していない人に説明しても理解できない。
   理解できるようになるまでレベルアップさせる必要がある。
   それを見るためにやるんだ。」

中田「参加者のコメントに答えてしまうと空中戦になる。
   参加者は喜ぶけど、理解が浅く留まってしまう」

丁稚「昨日の中田さんがすっきりさせないってそいういうことだったんですね。
   なんとなくわかりました。今まで、ワークをして発表してもらったら、
   それに対してコメントをすべきだと考えていました。
   中田さんたちはただ冷たいだけじゃなかったんですね!」

ということは昨日の宿題をいくら今の僕がやっても無駄だということだろうか、、、


●学生のデモ

日本でも報道があるかも知れませんが、ここマカッサルでは今学生によるデモが起こっています。
政府がセンチュリー銀行救済のための税金投入を行ったらしいのですが、
それにまつわる汚職があるとか、蓄財に関係しているかなんとからしいです。
(あんまり正確な理解ではないかも)

それに対するデモがインドネシア全国で起こっているのですが、
マカッサルは中でもデモが盛んな地域のようです。
ただ話によると学生はお金をもらってやっているだけ、とのこと。
実際、デモにより街は大渋滞。最近はいつも帰るのに渋滞に巻き込まれ時間がかかります。
迷惑を被っているのは一般の人たち。学生の目的はただ騒ぐだけなのか?



デモの写真をいくつか。道路でタイヤを燃やして封鎖してます。

IMGA0053.JPG
IMGA0052.JPG
IMGA0051.JPG
posted by taku at 23:33| Comment(0) | 中田インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

80のおばあちゃんに説明する 〜昼食時の会話から〜

●昼食時の会話

今日の昼ごはんはミー(汁そば)。
IMGA0043.JPG


ミーを待っているときに和田さんからふと次のような投げかけが。

和田「坂西君、80歳のおばあちゃんにパートナシップビルディング、
CBIA(community based issue analyisi)を説明するとしたらどうする?」

丁稚「えっ、いや」

和田「それが中田さんのところでの作法だぞ」

丁稚「うぅ、おばあちゃんが経験したことがある事柄で例をつくるんですよね。
   ミーを食べる間待ってください」

和田「日曜まで待つよ」



食事終了



丁稚「できました!料理でいきます。
   おばあちゃん、こどもにご飯を作るときは栄養のことを考えるでしょ?
   でも、よその、、、」

和田「却下」

中田「今のお母さんならともかく、80のおばあちゃんが子どもに料理を作るときに
栄養のことなんか考えたと思うか?そんな言葉すら知らないぞ。」

丁稚「、、、はい、確かに言っていて無理があるなぁと思いました。」

中田「そうだろう。夫婦と友達の違いはなんだ?」


しばし雑談、、、


丁稚「もう一回行きます!」

和田「よし」

丁稚「おばあちゃん、だんなさんに浮気されたら嫌でしょ。
   でも他人の浮気についてはどう思う?」

和田「それはパートナーシップの説明だろう。
   パートナーシップビルディングの説明をするんだ。」

丁稚「あぁ」

和田「だめだな、そもそもパートナーシップビルディングを理解していない。
   日曜までの宿題ね」

実はこの後すぐにもう一つ思いついたのだが、お蔵入り。
まぁ改めて書いてみると我ながらひどい例えだ。書くのも恥ずかしいぐらい。
もっと恥ずかしいのは、そのときは全力でこれだったことだが。
週末考えます、、、


●番外編劇場の番外編

中田「研修ではすっきりさせないのが大事なんだ」

よくわかります、中田さんのお世話になってから約10ヶ月、すっきりしません。
早くすっきりとしたいのですが、、、


●今日の晩御飯

今日も松井さんの家ですばらしい夕食をいただく。

IMGA0044.JPG
◆エビフリャが手前に。奥になす、野菜いため。


IMGA0045.JPG
◆今日のスペシャルヒット。きびなごの甘辛炒め。
 水俣を思い出す、、、
posted by taku at 00:44| Comment(0) | 中田インドネシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。