2010年02月14日

「対話する力」〜ファシリテーター23の問い〜

表題の書籍を読んでみた。
著者は中野民夫さん、堀公俊さんで日本経済新聞出版社。

読もうと思ったきっかけは、中田さんが講座でよく紹介しているから。
が、最初に読んだ感想は「ありきたりな事を書いているな」というものだった。

タイトル通り「23の問い」について堀さんと中野さんがそれぞれの考えを述べつつ
キャッチボールをしているのだが、「まぁそれはそうだな」と思うようなことばかりで、
特に新しい発見を見出すことはできなかった。

そこで読み方を変えてみた。
新しい知見を得ることを目的にするのではなく、
書かれていることを元に自分の経験と照らし合わせてみることにした。
すると実はなかなか興味深い本であることにようやく気付くことができた。

一例を紹介する。

p80に中野民夫さんが社会活動家のジョアンナ・メイシーさんから教わったことで
「自分の体験から始める」ということを紹介している。

「一般的な抽象論から始めるのではなく、(中略)参加者一人ひとりの体験を思い出して語るところから始めて行くものです。皆が実感を持って話し始めることができ、お互いに触発されて、テーマの多面的な解釈や取り組みが可能になります。」とある。

これは中田さんが再三言われている「事実」「自分の経験」ということに大きく関連していると思うが、
自分の体験で言えば水俣時代のことが思いだされる。

当時働いていたNGOでは宿泊施設を持っており、水俣に興味関心のある人を受け入れていたが、
一つルールがあった。それは宿泊した次の日に職員の朝ミーティングに参加し、
自己紹介を行うというもの。もちろん職員側も自己紹介を行う。
NGOなので金銭のやりとりだけでなく、
出会いの場にしたかったという思いから始まったらしい。

自己紹介では名前、出身地などを話してもらった後に、「水俣に来る動機」を話してもらう。
これがなかなか面白い。
そこに居る人間が共通して持っている「今水俣にいる」という事実の背景をそれぞれが語ることで、
中野の言う「皆が実感を持って」「お互いに触発されて」「テーマの多面的な解釈や取り組みが可能」になる。
その結果として何年も一緒に働いている職員の聞いたこともないような思いを聞くことがよくある。

中野が指摘しているように
「初めの問いは良いとか悪いとか人に裁かれるも心配がないものが適切(中略)自分の体験はその人その人の事実であり、真実であって、他人が良いとか悪いとかいうものではない」ところからはじめることで良い効果を生んでいるように思う。

実際水俣は依然として「敷居が高い」「プレッシャーを感じる」という
イメージを持ってくる人が多く、一部ではそれは確かにある。
そういう緊張感を持った人が上記のようなやりとりでリラックスでき、
水俣病という軽くはないテーマについて自由に意見を出せるようになることがある。

「対話する力」はそれぞれのテーマについてはさらっとしか記述されていないので、
ただ読むだけでは浅くなってしまう。
しかし、自己の経験を振り返るためのツールとしてはとても興味深い。

中田さんが書籍を紹介する時の言葉を思い出した。
「ファシリテーションについての良い本です。
ただできる人は知っていることも多いだろうし、
できない人が読んでもできるようにはならない。
いくら泳ぎ方を本で勉強しても水の中で練習できなければできないのと一緒」

最初は「そんなことはないだろう」と思っていたが、
ようやくその意味がわかったような気がした。

なんだかだらだらと長くなってしまいました。反省。
最後までお付き合い下さった方、ありがとうございました。
posted by taku at 00:16| Comment(0) | 丁稚、考える。。。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

「全部話してしまう先生、、、」からファシリテーションを考える

今更ですが、丁稚はフィリピンに英語の勉強に来ています。
英語が満足にできないなんて本来なら丁稚すら失格なのですが。

それはさておき、ここフィリピンでの授業の特徴はマンツーマンです。
人件費が安いから可能なんでしょうね。一日に4時間あります。

ほとんどの先生は若い。大学卒業後3〜5年といったところ。
が、僕の先生で一人50代半ばの先生がいます。
ずっと教師の方で「ちょっと視点を変えてみようかと思って」という
ことで英語を教えに来たそう。

教育者としての長い経験や哲学を持っており、
話をしていても楽しい方です。深みと広がりがあって。

が、一つ問題があります。それは話が長い、、、、
のはまだいいんですが、本当の問題は表題の「全部話してしまうこと」。

例えばある文章を読み、「この文章の要約ができますか」と聞いておきながら、
「この文章の要約はこうこうですね」と全部言ってしまう。
ちっとも待ってくれないんですね。

または全く意見を聞いてもらえずに、結論をぜんぶ言ってしまう。
その後に「何か意見がありますか」と聞かれても、
「はぁ、そうですね」としかいいようがない。
まぁ英語の勉強なんで無理やり意味にないことでも話しますが、
ファシリテーションの現場を想定すると何と意味のない会話かと思う。

中田さんが「ファシリテーションの奥義の一つは「待つ」こと」と言っている。

英語の授業の話はそこまで大げさではないんだけど、
待つことの重要性を受ける側として実感させられた。
生徒とすればなんだかやる気が削がれる感じがするし、
例え同じ意見を持っていてもそれは先生の考えと意識され、
自分のものにはならないんですよね。

と同時に自分も誰かに何かを教える時に話しすぎていないか、
職場や家庭で気をつけなければと思った。

受け手からすれば簡単なことに感じた。
今回の場合なら先生がちょっと待ってくれる、
もしくは聞いてくれるだけで良かったので。

JICA研修のふりかえりか何かで長畑さんが
「ファシリテーションなんてそう難しく考える必要はない。
 誰でもちょっと意識すればできるんですよ。
 一度問いかけて上げるだけでもいいし」と言っていた。
それを聞いて「嘘やん、難しいって」と心の中で反論したのを覚えている。

でも、今日は長畑さんが言う「簡単」を少し実感できたように思う。
とはいえ、やっぱりやる側になるとなかなか難しいのだろうけど。
posted by taku at 16:44| Comment(0) | 丁稚、考える。。。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

ブログにこんなに書いていいの?

発熱で意識が朦朧としている丁稚@フィリピンです。

最近よく表題のように言われます。
「中田さんのノウハウをフリーで提供してもいいの?」とか。

実は僕もそう思っていました。
あんまり書いちゃいかんだろう、と。
なので、ブログの最初の頃には「企業秘密なので」という言葉が
散見できるはずです。
その頃は内容を書きこまないので、「中田さんすごい」とかが多かったですね。

そんなある日、中田さんから
「企業秘密とか言わなくてもっと書きこんでいいよ」と言われました。
その一言によって書きこみ始めるのですが、イマイチ意味がわかっていませんでした。

その真意がわかったのは、さらに後日。
中田さんがいろいろな奥義の書を配布するのを目にした時です。
坂西「いいんですか?そんな大事なものを配って」
中田「いいんだよ。こういうことをオープンソースにした方が。
   これも池住大先生の教えの一つなんだよ。
   池住さんはノウハウを隠すようなことはしなかった。
   「こういう社会に役立つことはどんどんと発信していった方が
    いい」、と言って実践していた。」

ということでこのブログではけっこう書きこんでいます。
いやぁ偉大なるファシリテーターは言うことが違いますね。
コンピューターの世界には「コピーレフト」なる概念もあるそうですが、
それに近いも知れませんね、と大阪大学のSさんが教えてくれました。

実はもう一つ理由があるのですが、それは「秘密」です♪
オープンソースとは言え、デジタルにできるものとそうでない区分けは必要かなと。
言葉でお伝えすることはできますので、興味のある方は会った時にも聞いて下さい。

そうそう最後に一つ、中田さんのノウハウをある程度は紹介すると言っても、
丁稚のフィルターが入っているということはご了解下さい。
修業不足もあり、だいぶ捻じ曲げている可能性大です♪
当方責任を持ちませんので、お気をつけ下さいね。
posted by taku at 00:41| Comment(0) | 参加型開発研究所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

PHDのつどい報告 「PHD to 水俣 〜つながる国際協力と地域活動〜」

丁稚の個人活動報告です。

下記タイトルの話をフィリピンへの出国直前の
1月30日に参加型開発研究所のご近所NGOのPHDで行ってきました。
PHDは私が水俣に行くきっかけを作ってくれたNGOでもあります。

当日は嬉しいことに定員オーバーになるほど人が集まってくれました。
「つどい」なのでできるだけ一方的な話にならないように心がけ、
まずは最初のお互いの自己紹介。PHDの会員の方や先生、
水俣で偶然であった学生ボランティア団体の人たちなど、
いろいろな方たちが来てくれていました。

その後に水俣時代の僕の活動を紹介してくれたNHKのDVDを見て、
水俣のみかんをみんなで食べる。みかんで少しはほぐれたかな。

その後は下記のレジュメにそって話をしました。
終了後は水俣で働きたい?という学生を含む何名かと
近くの”安い”お好み焼きに行ってきました!

う〜ん、自分が話をした会の報告はしにくいですね、、、
自分で自分の話のポイントを言うもの恥ずかしいし。

以下当日のレジュメ
===========================

「PHD to 水俣 〜つながる国際協力と地域活動〜」
                    10.1.30坂西

私が国際協力に興味を持つようになったきっかけ---------------------------
・阪神淡路大震災の被災経験
・大阪YMCAでの恩師との出会い
・釜が崎での夜回りボランティア

国際協力活動の中で感じた自己矛盾

PHD協会との関わり
・関西NGO大学で藤野さんに出会う(1997)
・第8期国内研修員に(2003.10〜2004.3)、農業研修、西日本、県内、CO同行
・岩村先生の教会に通う
   →西日本研修旅行をきっかけに水俣に移住(2004.4〜2009.6)

水俣での私のPHDのかかわり-----------------------------
・毎年の西日本研修旅行での受入(2005.1〜2009.1) スケジュール参照
  テーさん「一人だけ幸せはできない。みんなが幸せで私も幸せになる」
・元職員の水俣ツアー受入(2005.8)→芳田さん水俣へ移住
・国内・水俣スタディツアー(2006.8)担当:佐藤さん
・ビルマツアー参加、水質調査(2007.9)予防原則の適用、ウィングスプレッド声明
・関西生まれ、関西育ちの水俣病患者の方との出会い(PHD会員)
・福岡・筑豊、福吉伝導所、犬養牧師への聞き取り、カネミ油症座り込み参加など

岩村昇先生のスピーチ抜粋-----------------------------
One day, in a village deep in the mountains in Nepal, a tired and sick old woman collapsed. A traveler who happened by picked her up and carried her on his back across three mountains. After a three-day journey, they reached our hospital. I tried to give the man some money in thanks but he refused it. He said “No, I do not need money. I have extra energy and youth. I have only shared three days of the long journey of life of this old woman who has run out of youth and energy. For the sake of of everyone’s existence.” Then he left without taking even one small coin. This man was just an ordinary farmer who had never even attended primary school. 
“To live is to share. Let us give only a small portion, 10%, of what we have been blessed with, to those in need.” How to live in today’s world as a doctor and beyond that as a human being, is the message that I in turn wish to share with as many people as possible.     →PHDは私にとって「三本の矢」!
posted by taku at 00:03| Comment(0) | 丁稚個人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

帰国後の研修員からの便り 〜エクアドルとアルゼンチンの交流〜

中田さんファシリテートのJICA研修の研修員から便りが来ました。
エクアドルのヴィヴィアナさんからです。
なんでも同じく研修員のロクサナさん、ギシェさんを訪ねてアルゼンチンに行ってきたそう。
いくら南米大陸同士とは言え、フットワークの軽さに驚きです。
そしてこのように研修での学びが生かされていることを知ると、
関わった人間としてとても嬉しいですし、中田研修の持続力を感じます。


以下、ヴィヴィアナさんからの便りの転載です。

「アルゼンチンでとても良い9日間を過ごしてきました。
−私たち、ロクサナとギシェと私で"work breakfast"を行ってきました。
それは公式、非公式の両方です。
公式なワークの場には幹部行政官がおり、私たちは日本の経験を伝えてきました。
ロクサナがプレゼンを準備し、私も日本の、中田さんのメッソド、
そして私のマイクロファイナンスに関する短いプレゼンを行いました。
それはとても良い経験で、ロクサナのプレゼンもまたとてもすばらしいものでした。

14251_192174276364_689276364_3169343_713517_s.jpg
◆プレゼンを行うエクアドルのヴィヴィアナさん

14251_192174256364_689276364_3169341_3922145_s.jpg
◆プレゼン会場の様子。お偉いさんがいるらしい。

14251_192174151364_689276364_3169325_1836568_s.jpg
◆折り紙も折ったみたいですね。

−アルゼンチンのマイクロファイナンスネットワークの人たち3名と
インフォーマルミーティングを行った後、
私は彼らが2年前にチリに居たことを知りました。
私はコミュニティと社会のモデルとしてのマイクロファイナンスの
デメリットとメリットについて説明しました。

−そして最後に私はAzulで言葉にできないほど良い時間を過ごしました。
私はギシェの父もまた協会のメンバーだということを知りました。
ギシェはAzulでとても良い仕事をしている様子が窺えました。
彼女は将来JICAからのサポートを受け取るのではないかと思います。
私はまるで自分の家のような居心地の良さを感じました。
ギシェは家族とコミュニティで暮らしています。
Azulはバカンスには完璧な場所です。

そして私たちは日本での経験について語り合いました。
日本がどのように変化してきたのか、そして日本がどのように私たちを追ってくるのか(笑、
それらをシェアすることはとてもおもしろかったです。

ところで、関西NGO協議会にスペイン語の資料を送りました。
今後のスペイン語の研修員のために活用されることを願っています。 Viviana 」
posted by taku at 00:00| Comment(0) | JICA研修(中田コース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。