2009年11月30日

コミュニティにおける女性、男性の状況

リフレクションはグアテマラのブレンダ、アフガンのアタイ。
まずペアを組む、そしてパートナーの似顔絵を書く。
その後、パートナーに質問する。好きな色や好みについて。
そして、もう一度似顔絵を描く。その違いをみる、というもの。
さまざまなセンスを使うことで、像が具体的になり、
パーセプションも変わりうるという話。

さて、セッション。先週の宿題について、それぞれ発表。

1.Where are women or men in your community
2.What do they do? (women and men)
3.How do listen to their voice
4.Do they any difficulties in listening to their voice or opinion

まずフィリピンのリチャード、レオ。
フィリピンはジェンダーバランスがそれほど悪くない社会、
ジェンダーにおける世界ランクも上位に位置している。

それを反映してか、「コミュニティワーカーとして働いていて、
情報を得るのに男女差を感じたり、難しいと思ったことはない」
と言ったような意見があった。だが、三輪さんが突っ込む。
それはリチャードが見せてくれた一枚の写真。
ミーティングの様子だが、前に座っているのは男性、女性は後ろの方に
少し座っているのみ。フィリピンにおいても男性が議論を支配するなどの状況は
ないことはないらしい。しかし、比較で言えば良い状況と言えるようだ。

そして、次はアフガンのアタイ。フィリピンからいきなりイスラム文化へ。
「村においては女性の8割は家事、残り2割は農業の手伝い。
 女性は外では働かない。なぜなら教育がないから」
「男性は7割は農業、2割はビジネス、あとは先生や働かない人もいる」

「女性とのコミュニケーションにおいては都市部では問題ないものの、
 農村部では直接話すことが難しい。夫や父親の許可がいる」

アフガンのケースには質問が集中。
「どうやって結婚するのか」「顔を隠している女性をどのように認識するのか」
「ソーシャルワーカーとしてどのような種類の情報を得るのが難しいか」
などなど質問が尽きない。
簡単に答えを記述すると、「親戚関係が多い」「名前や声」
「教育がないので、何が欠乏しているか理解していないこと」など。

ここで昼食休憩。

昼からはアフガンの続き、フェロスさん。
ネパールのディポッグさん。ネパールでも女性は低い地位に置かれている、
特に農村部ではそういう状況があると報告。
その後、日本人研修員。ゆかりがホームタウン、
広島の農村の状況を、あおいさんが先週末に行ってきた、
岐阜の農村での女性などの状況をシェア。

最後にグアテマラのブレンダ、ロサさん。
二人とも地域での活動、写真などを織り交ぜながらプレゼン。
ブレンダさんが、「女性と話したい場合は、女性グループと
男性グループを分けてからでないと聞けない」と指摘。
ロサさんのコミュニティでもほぼ同じような状況らしい。

ここで時間切れ。
三輪さん曰く「今日はこの発表で1時間ぐらいはかかるかな、
と思っていたぐらいだったんだけど」とのこと。
「今までにやってきた中で最も準備をきちんとしてきたグループ」
だそうだ。みな積極的な参加で、質問も続き、
5人を明日に残すこととなった。

新!マスターファシリテーター講座 第二回目


第二回目。前回欠席だった岡山のNGOスタッフの方も参加され、
定員いっぱいの9名が揃う。

まず、中田さんの事実質問。
「前回何を勉強したか覚えている?」
印象を聞くと操作するかも知れない。
知りたいからと言って、そのまま聞かない、とのこと。

・問題から課題へ

問題について話をしている時に課題と問題の違いについての質問があった。
中田さんは次のように説明。「細かい定義にはこだわらない。
問題とは困ったこと。問題を解決しようと試みる時に課題となる」

続けて「ここで大事なのは本当にこの問題は問題なのか、の『本当に』の部分。
課題解決のファシリテーションの第一歩は、本当に課題かどうかを
こちら側ではなくて、本人が確認すること」と指摘。

ここで中田さんが参加者に、何か課題はあるか、と投げかける。
ある参加者が「犬が散歩に行けない」と答え、この課題を取り上げることに。

中田「一番、最近散歩に行ったのはいつですか?」
参加者「昨日」
中田「事実として行けているね。その前は?」
参加者「一週間ほど前」
中田「それで困ったことは?」
参加者「犬が寝ないで夜吠えること」

上記のようなやりとりをやってみせる。
「一番最近」という核心に迫る質問の意味と
問題が課題であるかを確認するための術として、
困ったことを聞くと言う方法を伝授。
その後、以下のようにやりとりを続ける。

中田「いつから犬を飼っている?」
参加者「2004年4月」
中田「よく覚えているねぇ。誰が散歩に行くと決めていた?」
参加者「妹。」
中田「いつごろからいかなくなった?」
参加者「私が2年家を離れて戻ってきたらいかなくなっていた」
中田「妹さんが行くと最初に決めたが、どのぐらいの頻度で
散歩に行くかは決めていた?毎日とか、二日おきとか」
参加者「決めていない」

これだけのやりとりに事実質問のセオリーがかなり含まれている。
その後、セオリーをまとめたレジュメを配布。
今のやりとりをセオリーに沿って解説する。

上記、犬の散歩の件を他の参加者が一生懸命、解決をしようとして
色々な提案をしてしまったことに触れ、
「提案をしてはいけない、本人が気付くことが重要」とコメント。

その後、実際に練習しましょう、ということになり、
「改めたい習慣、直したい癖」、できるだけ人間関係にかかわるもので、
というタイトルで二人一組でワーク。

それぞれの感想は、「一応の解決に至ったが、提案してしまった」
「質問がでてこない」、「話をしている間にポイントがずれてしまった」
「事実を聞いていくのが難しい、フレーズを持つ必要性を感じた」
「一番最初に起こったことを聞かれて、気付きがあった」
「どうしても気持ちを聞いてしまう」「細かく聞けなかった」
「認識と違う角度で聞いてもらい、原因が違っていたことに気付いた」

最後に中田さんが「始めからうまくいくものではない。しかし、
私の経験から起点を聞くことは有効だと言える。」とコメントして終了。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。