2009年11月20日

水俣FW3日目、地元学・村丸ごと生活博物館

スケジュール
 9:00〜11:00 吉井正澄元水俣市長のお話
11:00〜12:00 頭石・村丸ごと生活博物館へ移動
12:00〜13:00 頭石の水源へ挨拶、頭石の由来でもある石を見に行く
13:00〜14:00 頭石の郷土料理、家庭料理をいただく
14:00〜14:30 村丸ごと生活博物館の概要説明(水俣市役所・冨吉)
14:30〜15:00 頭石・村丸ごと代表、勝目豊さんのお話
15:00〜16:00 地元の人へのインタビュータイム
            勝目さん、せしかいをしてくれたおばちゃんたち
16:30〜17:30 ふりかえり・共有化

最終日。
最初のセッションは相思社にて吉井前市長のお話。
吉井さんは地元学提唱者の吉本さんと二人三脚でやってきた人。
もやい直しを提唱して、行政として初めて患者に謝罪し、
水俣における人間関係修復の大きなきっかけを作った人でもある。

まず水源に行く。
その後、頭石(かぐめいし)という地名の由来になった大きな石を見に行く。

昼ごはん。
頭石で採れた食材を使った料理をいただく。
研修員もよく食べていたように思う。

インタビューセッションでは3グループに分かれた。
勝目さんと料理を作ってくれた女性3人が付き合ってくれた。
研修員は各4人。それぞれ自由に質問をする。
漠然とした印象だけど、女性に聞くときの方がより事実に基づいた
やりとりになっていたように思う。一部、「私の国では冬は寒くて、
その期間は特別な作業をする。この地域にもそういうものがあるのでは?」
といった自分の文脈から発せられる質問もあったけど

最後のふりかえりでは、「今日一日でもっとも印象に残ったこと」
「言葉」か「もの」を表現してもらった。

昨日はなかなか「事実に目を向ける」ということが難しかったが、
今日のふりかえりでは、みんなが事実を挙げてくれた。
「石垣」、「料理」、「湧水」、「料理を作ってくれた5人のおばちゃん」
「たくさんの訪問客」などなど。

今回は前回よりもインプットをかなり減らし、
また今までのようにわかりやすくテーマを抽出し表現することも避けた。
全ては「自分で見つける」ため。インプット量が少ないのでは、と
不安になったり、全てを言ってしまいたい衝動に駆られた。

しかし、最後のふりかえりでは、こちらが伝えたいことがいくつかでていた。

例えば「財政支援をしない」という話。
地元学では主体性を大事にするため、いきなりお金をつけることはしない。
お金を使わずにやってきた工夫、事例がいくつかある。
ただ地元学のメインポイントではないので、昨年のように特に強調はしなかった。
吉井さんの話とかの中でちょろっとでてきただけ。
でも、リチャードさんのふりかえりの中で、「コミュニティホールを自分たちで
作ったという話を聞いて驚いた」というコメントがあった。

最後にそれぞれが書いた印象に残ったものを手渡して終了。

終了後、関係者でふりかえりを兼ねた夕食会。
「2日目までは研修員もあんまりピントが合っていなかった。
 だけど、最後のふりかえりは事実に基づいていた。
 何がその変化をもたらしたのだろう?」
というのが、関係者に共通した印象だった。

その答えとしては、「湧水を飲んだ」、「ごはんを食べさせてもらった」
「個別に話をきけた」、「初日、二日目のやりとりの効果」などなど。
地域との出会い方にポイントがあるのかも、という話を長畑さん、八木さんとした。

そのからくりははっきりとはわからなかったけど、
ともかく研修員はそれぞれ何かを掴み、そして水俣と地域を好きになってくれていた。
何もできなかった、という無力感が残るが、教えることを我慢だけはした。

卵の殻を親鳥のように適切につつけたかどうかはわからない。
だけど、とりあえず信じて内側からの変化を待ってみよう。
水俣でお世話になった人々に感謝です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。