2009年11月12日

コミュニティ開発における外部者の役割


今日のリフレクションはドミニカのソアネ、ネパールのディポッグさん。
やたら難しい化学とかの問題を出してきて、答えさせる。
もちろん、答えは分からない。
時間がきて、答え発表。答えはむちゃくちゃふざけたもの。

それを受けてソアネさんが
「答えはそこにある。プロセスをストレスを感じながらやるのではなく、
 楽しく、うまくいくようにやっていこう」と締め。
昨日の絵でのコミュニティの表現を受けての話。

今日の最初は昨日終わらなかった、日本人の絵の発表から。
まず坂西が水俣の絵の発表。外部者を中心に描き、住民を端っこに描いた
30年前の水俣の状況、中嶋さんが実家の出石市のそばの状況、
もとこさんはインドネシアと自分の地域を描いたものを描き、
それらをつなげたい、お互いが鏡になっていると発表。
最後に長畑さんが、西バリの国立公園とその管理をしているコミュニティの話を共有。
さりげなくコミュニティにおけるファシリテートの重要性を盛り込んでいた。
教えない、主体性や可能性を引き出すなどのキーワードがちらほら。

終了後、次のステップに。
まず長畑さんがそれぞれの絵をさらに突っ込みながら、
それぞれのコミュニティとの関わりを聞いていく。
地域に住んでいる人も居れば、毎日のように行く人、たまにしか行かない人などそれぞれ。
でも、毎日訪れても外部者であることを確認して、ワークへ。

マトリックスを作る。
1.住民も外部者も知らないこと
2.住民は知っているけど、外部者も知らないこと
3.住民は知らないけど、外部者は知っていること
4.住民も外部者も知らないこと

それぞれ書いてホワイトボードに貼っていく。
2.がたくさんでてきた。長畑さん曰くは2.があまりでないこともあるとか。
モジュール1.でコミュニティについての理解を深めたおかげか。
ちなみに2.の例は、地域の・・・・・。
ゴシップ、決定の仕組み、天候、活動、責任体制、適切なミーティングの時間、
特徴、経済、魚釣りの技術、コミュニティの問題、移動方法など。

3.はネットワーク、近代農業技術、マーケット、収入向上の方法、政治など。
4.は未来、自然資源の利用方法など。

長畑さんが「なぜ外部者は来る必要があるのか?」と問いかける。
「2.から1.へ、3.から1.へという動きもある。
 でも4.の資源を一緒に見つけ、新しいものをつくっていくことで、
 解決方法を見つけることもできる。」

では、どうやってその方法を見つけるか、を午後に考えることにする。
まず長畑さんが「コミュニティに入る際に何を最初にするか?」と質問。
観察、自己紹介、会議に参加、書類情報をチェック、交流などがでてくる。

それらは何のためか?
みんなでpartnership buildingのためだと辿りつく。

ここで昼休みの時間になる。
長畑さんが午後この続きをやりましょう、と言うと、
「昼ごはんはいらないから続けよう!」との声がでるぐらい、
研修員は積極的になっていた。強い関心があるようだ。

午後からワークに入る。
What kind of concrete actions,
we can do to build partnership with community?
上記を4人ずつのグループで30個以上考える。

僕も参加したが、30個はきつかった。
が、おかげで頭が整理できて、理解が深まっていった。
数個だったらすぐにでるだろうけど、それではあまり意味がないんだと思う。

僕のグループは、ドミニカ、アフガン組。
一般化傾向の強いと見られている研修員が揃ったグループでちょっと不安。
案の定、長畑さんが具体的なアクションを、と強調したにも関わらず、
work something togetherなどから始まる。

やばい、と思ったものの、その具体例などを聞いていくと
それぞれの経験が現れてきた。もとこさんのファシリテートのおかげ。感謝。
こちらが思っていたよりも豊かな経験があることが判明。

グループでのワークが終了した後、全体でシェアリング。
列挙すると、正直になる、議論をしない、偉そうにしない、目的を言う、
時間を守る、歴史を学ぶ、スポーツイベントへの参加、名前を覚える、
誘いを断らない、自分をコントロールする、力づくで事を行わない、
一緒に祈る、儀式への参加、などなど。興味深いものがいくつもでてきた。

長畑さんがいくつかの点を質問を通してさらに掘り下げる。
フォーマルとインフォーマルの違い、どちらを先に行うべきか。
名前を覚える時は、どうやって名前を聞くか、など。

最後に参加とは通常だれが何に参加することを言う?と問いかける。
「よく住民がプロセスに参加するという意味で使われるけど、
 今みんながシェアしてくれたように住民活動への参加という意味もある。
 私たち外部者のプログラムに住民が参加するわけじゃない」

今日は一参加者としてもとても勉強になった。
当たり前のようで深く考えられていなかったが、ワークや議論を通じて、
考えを深めることができた。

研修員も一般化したことを言うのは経験がないわけではなかった。
発表も素晴らしくて、もうこのコース卒業か、と思ったぐらいだったけど、
ふと思いなおし、経験はあるけど、その重要性や自らの経験から学ぶ、
ということができていないんだということに思い至る。

自らの経験の活用という意味でも、この研修を通じて、その経験の重要性に
気付き、そこから活動を組み立てることができるようになれば、
研修員にとってとても有意義なものになると確信した。

その気付きへの道はもう見えかけている。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。