2009年10月05日

中田さん出国 & 中田塾ファシコ?打ち合わせ

今朝早く中田さんはインドネシアに向け旅立っていった。
今回はソムニードとJICAの連携プロジェクトらしく、
和田さんと強力ペアでマスターファシリテーターの
再生産プログラムを構築しに。帰国後の土産話が楽しみ♪

19時からは中田さんのマスターファシリテーター養成講座の受講者が
集まって今後の勉強会の打ち合わせ。

中田さんの講座を受けたものの、なかなか日常で意識し続けること、
実践に生かすことが難しいことをそれぞれが感じていた。
そこで定期的に集まり、勉強会をし、定着度をアップさせようというのが狙い。

今回はそのための打ち合わせ。
メンバーは発案者で先生のKさん、大学職員のOさん、防災NGOのFさん、
プラス龍谷大学のF君に大阪大学のT君に僕の6名。

それぞれの講座後をシェアする。
やっちゃいけないと思いつつ、「最近どうなの?」などと聞いてしまう。
それぞれこう聞かれたら困るよなぁというのは思いつつも、
つい日常に流されてやってしまうという経験を持っていた。
かく言う僕もそう。中田さんと話す時は気をつけていても、
その他の場面ではパーセプション全開だったりすることが。

そういう状況を踏まえ、どのように勉強するかを考える。
でた内容をまとめると以下のようなものに。

1.ファシリ実践事例から学ぶ
2.講座内でやったようなワークを行う
3.参加者の課題分析をやってみる
4.現場に行き、現場のリアリティを明らかにする

とりあえず1〜3を組み合わせてやってみることに。
4.もやりたいけど、現場をどこにするか、私たちのスキルの未熟さなど
課題がいくつかあるので、将来の目標にすること決定。

第一回目のスケジュールは、
・中田マニュアルのふりかえり
・ワーク「自分が改めたいと思っている課題」
・課題分析「スタディツアーで豊かさについて考えるにはどうすればいい?」

第二回目には事例から学ぶということで、
防災NGO、Fさんのインドネシアでの実践事例をシェアしてもらいます。

自主的な集まりなので、大々的に広報はしませんが、
講座の修了者で参加したいという熱意のある方は歓迎します。
興味がある方は坂西まで連絡下さい。


そうそう名前ですが、「中田塾」に決まりました。
ファシコはボツ案。ファシリテーター講座(こうざ)の略。
音はいいんだけど、かわいすぎる、との意見もありボツに。

「中田塾」・・・中田さんがこの勉強会に直接絡んでいる訳ではないけど、
勝手に中田塾を名乗り、いずれはひっぱりだそうという目論見があるようなないような。。。
posted by taku at 00:00| Comment(0) | 中田塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。