2009年10月01日

再び水俣、JICA地元学研修打ち合わせ

朝、4時半に起きる。もちろんまだ真っ暗。
新幹線の始発に乗るために。当然地下鉄も始発。

地下鉄の駅に着くとおもしろい光景が。
まだ真っ暗な中、シャッターの前で大勢待っている。
こんな朝早くから。なんだか釜ケ崎のおっちゃん達を連想させる。

始発に乗ったおかげで11時前に水俣に到着。
さっそく知り合いに会う。それも二人。この辺は水俣という感じ。

相思社に行き、旧国際セクションのメンバーで会議。
今年は「信じて待つ」をテーマに研修を組み立てる。
地元学、あるもの探しの表現も大胆に変えてみる。

水俣、なんだかアジアの国の首都のような蒸し暑さ。
やっぱり関西とは違う。11月の研修時はすっごく寒いのになぁ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。