2009年09月16日

近代化と農村の構造についてレクチャーby nakata-san

今日はパプアニューギニアの独立記念日。
PNGのリディアさんが国旗をあしらった衣装で登場。
national songを歌い、涙をみせる一幕が。

その後、神戸FWのふりかえりの後、
上記表題に関する中田さんのレクチャー。

実態経済、自給生産から換金作物生産への変遷。
近代化における「貧困」とは、何を指すのか?
農村、農民が持っている知恵とは何か?
暗黙知をどう視覚化するか?
コミュニティにおけるリーダーシップは?
新しい貧困とは?
コミュニティにおける外部者の役割とは?

などなどを中田さんの経験、分析から学ぶ。
研修員も学習意欲が高く、中田さんへ質問、意見も途切れず。
たまに空中戦に突入する質問はあるものの、全体が力強く前に進んだ一日だった。

個別のケースへの解決策を提示する訳ではないけど、
まずこの構造を知らなければならない、というのが中田さんのメッセージ。

そして、明日は今日の続きで、
今日みんなで共有した「新しい貧困」とマイクロファイナンスの関係は?
どのような意味を持ちうるのか。

がっつりレクチャーをした中田さん、今日はかなりエネルギッシュ。
週末も休みなしで東京で仕事をしてきたはずなのに。
今日はそのエネルギーが研修員にも伝播したように思う。
posted by taku at 00:00| Comment(0) | JICA研修(中田コース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。