2009年09月10日

豊岡−コウノトリの郷− 3日目

豊岡最終日。
今日のテーマは豊岡の環境経済戦略について。
2005年にたてた戦略についての説明を豊岡市役所に人にしてもらう。

農政と環境行政を融合し、地産地消などの取り組みを展開。
結果、イメージ作りに成功し、環境関連企業の誘致や育成につながる。
ソーラーパネルなどの企業の誘致に成功したらしい。

ちなみにコウノトリ米の導入に関しては、
農薬を減らしたいという農家の思いと、
市長の強いリーダーシップがポイントだったようだ。

その後、質疑応答に移るが、
相手の文脈を確認、共有した後に質問をするということがあまりうまくいかず。
一般化された質問がいくつか。しかし、市役所の方の受け答えが見事で噛みあう。

例:「山がきれいだが、どのようにメンテナンスをしているのか?
いつぐらいから植林をしたのか」という質問。
確かに自分の国と比較したらそうかも知れないが、
実際にはあまり手入れがされていないく荒れていると市の人は認識している。
そもそもメンテナンスはされていないのである。
これが地域にリアリティである。しかし、自分の文脈で「きれいな森」から始めてしまうと
相手は答えに窮する。力関係によっては押しつけにもなりかねない。
こういう場合は「山がきれい=手入れがされているかどうか、から聞く」と中田さん。
なるほど。相手の文脈を確認し、そこから始めるとはこういうことか。
posted by taku at 00:00| Comment(0) | JICA研修(中田コース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

豊岡−コウノトリの郷− 2日目

今日はコウノトリ育むお米について農業普及員、
そして、実際に営農組合をつくってお米を作ってきた方のお話を聞く。

豊岡ではコウノトリの野生復帰を通じて、
人間と環境、生き物の共生を目指している。
コウノトリが棲めるようにお米作りを無農薬、もしくは減農薬に。
そしてブランドを作り、農家もお米が高く売れるようになる。

研修生から、「どのようにして農家に転換させたたのか」という問いに
「試験農場を繰り返した。最も重要なことは経済的な便益がインセンティブになった」とのこと。
ただコウノトリブランドはまだ全体の5%ぐらい。
今後は拡大がチャレンジだそうだ。
経済と環境の両立、研修員にも刺激を与えたようだった。
posted by taku at 00:00| Comment(0) | JICA研修(中田コース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

豊岡−コウノトリの郷− 1日目

豊岡初日。所用により遅れて合流。
今日のプログラムは、
Lecture:
efforts of Reintroduciton Program for
Oriental White Storks by Mr.Matsushima.
Director of Eco Museum Center for Oriental White Storks

Observation of Eco Museum Center for Oriental White Storks
and Hyogo Prececture Homeland for Oriental White Storks

エコミュージアムの館長、松島さんは収入もろくに得られない状況で
ずっとコウノトリの育成に携わってきたそう。
それでもなかなかコウノトリが育たない、そんな話だったらしい。
話の後はコウノトリの観察。想像したよりたくさんいたよう。

posted by taku at 00:00| Comment(0) | JICA研修(中田コース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

マザーハウス@大阪

シャプラ関西のMLからの情報転載です。
最近、テレビ等でもとりあげられているマザーハウスが大阪にも進出するようです。
おもしろそうです。なんせクオリティーが高い。
友達が持ってましたが、そのへんのFT商品とはちょっと違う感じですね。楽しみです。

==================================

マザーハウスは
http://www.mother-house.jp/story/

記事
南船場にバングラデシュ製バッグ店−スタッフが内装工事始める /大阪
9月4日16時7分配信 みんなの経済新聞ネットワーク

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090904-00000030-minkei-l27

 バングラデシュ製の手作りバッグなどを企画・販売するマザーハウス(東京都台東区)が大阪・南船場に関西初出店するのにあたり、9月1日からスタッフ自ら店舗の内装工事を始めた。(なんば経済新聞)

 同社は、アジア最貧国の一つとされるバングラデシュに設置した自社工場でジュートや牛革のバッグのほか、財布、ポーチ、コインケースなどを企画・製造し、日本国内で販売している。東京都内に3店舗、福岡に直営店1店舗を構えるほか、百貨店などでの催事販売なども行っている。
posted by taku at 00:00| Comment(0) | 丁稚個人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

case presentation 3日目

Microfinance-Viviana,Lydia,Justiono,naoko
所用により欠席。
が、一番経験者が多く、具体テーマなので、盛り上がったはず?
報告を得てから再更新します。
posted by taku at 00:00| Comment(0) | JICA研修(中田コース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。