2009年09月30日

参加型開発研究所の来年度案?

今日の神戸は雨。
朝一で支払いやコピー用紙を買いに。
事務所から郵便局やホームセンターが近くて便利♪
が、靴がボロで靴下まで濡れる。

事務所に戻り中田さんと年内のスケジュールを確認。
年内は神戸でファシリテーター講座を一回(ぜひご参加下さい!)
うまく行けば東京でも一回できるかな、という感じ。

そして来年度をどうしていくかの話へ。
確実に実績を積んでいくか、大きなチャレンジをするか。
中田案はチャレンジを選択するというもの。
家族の理解も得られたそうな。

そのための準備期間をどう持つか。
下手に日銭を稼ぐのではなく、じっくりと考える時間を
確保するという事で一致。

チャレンジが何か、はもう少し形が定まってきたら報告します。
乞うご期待!必要によってはNPO法人を取得するかも。

おまけ―
中田さんからこのブログを何人かの知り合いが見ているとの情報が。
嫌なことを聞いてしまった(笑
あんまり誰も見ていないと思って気楽に書いていたのに〜。呑みながら。
ちょっとプレッシャーが、、、

いやいや見てくれるのはありがたい。
今後とも皆様よろしくです。
posted by taku at 00:00| Comment(0) | 参加型開発研究所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

事務所復帰&JICA会議

今朝は久しぶりに事務所へ仕事に行く。
JICA大阪と比べてなんと近いことか。快適♪
午前中は、会計の処理や溜まっている雑務をこなす。

午後からJICA−NGO連携による参加型開発研修の会議。
まず8月の中田コースの報告から。

・新型インフルを無事に乗り切ったこと。大きな体調崩れなし。
・研修員のレベルが高かった。
・日程を柔軟に対応した分、2,3日足りなかった。
・アクションプランが意欲的かつ現実的だった。
・近代化とコミュニティの関係性をメインに。比較分析を行った。
・JICAからの呼び掛けも強めた。結果、多様性が生まれた。

などなど。一番の課題としては中田さんの代役がいないこと。
長期間倒れた場合は仕方がないとしても数日も空けられないのは課題。
研修員からも指摘があったとのこと。

その後、Bコース、長畑・三輪コースの研修員選考へ。
大きな課題はジェンダーバランス。
割り当て国はアフガニスタン、トンガ、ネパール、フィリピン、
ソロモン、グアテマラ、ドミニカ。
しかし、女性の応募はトンガとソロモンのみ。
しかも現地JICAの優先度が高くないときた。
その辺に悩みをかかえながら、なんとか10名決定。
うち女性は2名。ちょっと少ないがやむえないか。
ただ今後の改善は必要。さてどうしたもんか。

会議はここで終了だが、
JICA本部から偉いさんが来ているということで、
意見交換会をすることに。
形だけの表敬訪問かと思いきや、JICA大阪の所長の進行で、
盛り上がり、というか刺激的な議論が展開された。
(かなり面白かったので、全部書いてしまいたいけど、
 ちょっと差支えがありそうなので割愛。興味のある人は直接連絡下さい♪)
posted by taku at 00:00| Comment(0) | JICA研修(中田コース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

研修員帰国!&関西NGO大学

朝、家族でJICA大阪へ。
リディアさん、ヴィヴィアナさん、ロクサナさん、ギシェさんとお別れを。
みんなパッキングの大慌て。出発時間は近いのに大丈夫だろうか。
リディアさんからいくつか置き土産が。
おもしろかったのは、プレッシャーがかかる時に飲んでていたというウィスキー。
うん、けっこう飲んでいる。プレッシャーがけっこうかかっていたんだなぁ。

その後、妻の弟の結婚式経由で、
西宮での関西NGO大学へ。

今回は第一回目。発題者は中田さん。
第一回目らしく緊張感が漂う中、アイスブレイングを経て、
中田さんの講義。お題は「国際協力とは何か?」。
なかなか難しいタイトルで、中田さんも初披露の組み立てで話を展開。
シャプラニールの名前の由来など、初聞きの話がいくつか。
ODAとNGOを比較しつつ、最後にはNGOの存在意義に言及して終了。
中田さんの話を聞くのに90分は短いが、内容の濃い話だった。

交流会では、そうめんが振舞われるなど、
一時のジャンクな交流会から随分と進化している感じ。
息子は運営委員佐久間さんのお子さん達とはしゃぐはしゃぐ。
はしゃぎすぎて、僕の肩で食べた物をもどす、、、
せっかくの一張羅なのに。

それはともかく、久々に仲間とも出会い楽しい時を過ごした。
中田さん、お疲れ様です。
posted by taku at 00:00| Comment(0) | 中田講演関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

ついに最終日!

今日はついに最後の日となりました。
まず全体での評価会。
ですが、中田さんから下記のラストメッセージが。
「evaluationの語源はラテンにあって、
 その意味はex value。だから今日は評価し合うのではなく、
 お互いの価値を引き出し、お互いを勇気づけあおう」

それぞれが1ケ月半の思いを語る。
涙涙で言葉にならない研修員も。

その後、closing ceremony。
JICA大阪、酒井所長のあいさつ、NGO側から中田さんのあいさつ。
そして修了証の授与式。最後には研修員を代表して、
ケニアのジョセフさんからのあいさつ。

部屋を移動してfarewell partyへ。
専門委員の大野さんが研修員の達成感と一体感を感じたと
後に語ってくれたように、最高の雰囲気の中、お互いを讃えあい、別れを惜しんだ。
途中、PNGのリディアさんからメッセージがあり、涙するシーンも。

最後は大写真大会!で終了。
それぞれの地域でそれぞれのコミュニティのために働くこと、
そして再会を誓い合った。
posted by taku at 00:00| Comment(0) | JICA研修(中田コース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

アクションプラン発表二日目

最後の日は、
ジョセフ、パメラ、たくちゃん、なおこ、ロクサナ、ギシェ。
(詳細後日)

発表が終わった後、JICA大阪の神月さんから、
JICAのフォローアップスキームについての説明が。
プロポーザル次第で、数十万から2,3百万ぐらいの予算がつくらしい。
主にはソフトウェア部門で、講師の派遣や人材育成などが対象。
あくまでフォローアップなので大掛かりなプロジェクト等は対象ではないが、
みんな目の色が変わると言うか、高い集中力を見せていた。
エクアドル、ケニア辺りからは中田さんを呼びたいとの声も。

このスキームの目的は今回の研修の成果がより広く普及すること。
フォローアップとの相乗効果で目的の達成が期待できそう。
posted by taku at 00:00| Comment(0) | JICA研修(中田コース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。