2009年08月11日

JICA研修スタート!

平成21年度 JICA−NGO連携による実践的参加型コミュニティ開発がスタート。
初日はさすがに緊張感が漂う。

まずはお互いの自己紹介。
みなさんきれいな英語でちょっと安心。でも自分の英語力に悔しさを感じる。
とりあえず自己紹介では「僕の今のメインワークは英語の勉強です」と告白。
みんな笑ってくれ、名前も「taku-chan」と認知してもらう。

ファシリテーター中田さんからは参加型とはどういうことか?ということを問いかけられる。
まずはモナリザの絵を使って、この研修のフレームを提示。
最初にできることとできないことを確認した後、
フレーム内でできることはみんなで決めることも併せて確認。

その実践として研修の開始時間を終了時間、昼休みの時間などをみんなで決める。
ラテン組からはシエスタがどうとか、それぞれの個性が出て盛り上がる。
最終的にはまずまず無難なところに決まり、今後生活をしてみて、その状況に併せて変えることも確認。

それからさらに参加型を一歩進めて、
講師はいなく、参加者みんながリソースパーソンであり、
「人はみんな豊かな経験を持っている」が、「人は経験から学べない」
「経験を分析」することが重要という考えを中田さんがシェアしてくれる。

それをもとにグループワークに入り、どのようにそれぞれの経験をシェアすべきかを議論。
明日からのorganization sharingに備える。

中田さんはあまり多くを語らずタクトを参加者に渡そうとしている?ように見える。
初日、きっと一番大事な日、中田さんの雰囲気づくりを「分析」しなくては。
語らずに語らせる、でも必要なフレームは語る。そのバランスだろうか。

ともかく、1ケ月半の研修が始まった。これからが楽しみだ。

おまけ-JICAのセミナールームが寒い。
しかも部屋では温度が変更できない。なんでも今年から設定温度が2度下がったらしい。
チームマイナス6%なのに?


Recap for Tuesday August 11, 2009


The day began at 9.30 am with the course programme officials welcoming participants to the course and introducing the JICA staff, the lead facilitator, Mr Toyokazu Nakata of Institute of Participatory Development and also the staff from Kansai NGO Council.

Mr. Nakata, after a few remarks in the context of the session’s theme, Opening and Organising the Course Together, gave the floor to participants to self-introduce themselves. Each participant said their names, the name they preferred to be called by during the course, where their country was located in the World Map, the route they took to fly to Osaka, the organization they came from and their role in the organization.

The facilitator then opened a brief plenary discussion on the philosophy of participatory development. It was noted that all communities, no matter their state of development, have some indigenous knowledge and wisdom and therefore have something to share in their development planning. He made reference to the stand point of Paulo Freire on the matter. The most important element in his context is experience! However it was agreed that we can only learn from experience if we analyse it. If I may quote from the lesson I learned from that session:

“Wisdom comes from analysing experience. However, it should be born in mind that no matter how rich the experience is, nothing may be learned from it if it is not analysed”


After this plenary session, the facilitator divided participants into three groups to discuss and come up with group suggestion on the framework to be adopted by individuals when they would make presentations on their organizations and projects/programmes. The group-work session took about 30 minutes then participants went to lunch.

After lunch, Mr. Nakata facilitated the drawing up of the time table for the week – during which each facilitator was slotted in for a day and time when they would make presentations.

The last session of the day was about finding volunteers for recap on each day.

The day ended with participants getting opportunity to make brief remarks on their impression and how they felt about the programme so far.

Recap by Joseph and Sangay
posted by taku at 00:00| Comment(0) | JICA研修(中田コース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。