2009年08月02日

番外編−7月講座補講の日に

今日は7月講座の補講の日。
補講なのに正規の三回目よりも人数が多い。

そんな日にお休みをいただき、奈良へ。

たんぽぽの家が主催するわたぼうしコンサートに家族で参加。
水俣病胎児性患者の永本賢二さん、通称けんちゃんの作詞、
水俣のシンガーソングライターの柏木敏治さんの作曲、
「船の名前は」がノミネートされたからだ。

けんちゃんの所属するほっとはうすから花束を渡す大役をまかされ、
けんちゃんが大好きな息子、朔(さく)にその大役をパス。
朔は見事にこなし、司会者から一言もとめられそつなく「おめでとう」と答える。

演奏は、地元の奈良のメンバーも加わり、けんちゃんの明るさが
うまく表現された楽しげなリズムで無事終了。
めでたく文部科学大臣賞を受賞されました♪

次の日は奈良観光、かと思いきや、
けんちゃんのリクエストで神戸のクレーンを見に。
初めてのリクエストだったので戸惑うが、六甲アイランドに見に行くことに。
半分ヒット、半分はずれ、けんちゃんの希望はポートアイランドあったクレーンで
あることが、後に判明。う〜ん、クレーン道の道のりは険しい。
posted by taku at 00:00| Comment(0) | 丁稚個人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。