2009年08月14日

organization sharing3日目

organization sharing3日目。

水俣の坂西、
ブータンのサンガイさん
東ティモールのマリオ、
ケニアのパメラさんの4名。

昨日の続きで水俣、相思社のことを報告。
つたない英語でプレゼン終了。質疑応答は中田さんの予想通り、
水俣病の補償や制度に集中。相思社のことにはあんまり。
最初から水俣病概論をやればよかったか。
でも、興味は持ってくれたようで質疑応答だけで1時間を費やす。

サンゲイさんはブータンの内務文化省、群政府次官。
ブータンオリジナルのGNHについて詳しく報告してくれた。

マリオさんは東ティモールのNGOフォーラムの
地域連絡担当チームリーダー。
なんと東ティモールには484もの国産NGO、102の国際NGOがあるとのこと。
それらの支援、強化が主な活動。

パメラさんはケニアの農業省の地域作物・園芸作物発育担当官。
持続的な農法の普及、ジェンダー問題などに取り組む。

終了後、JICAの部屋にはせっけんがない、
とのことで茨木の100円ショップ&マイカル茨木へ。

100円ショップではその品ぞろえ&安さにみんな興奮。
どうやっても信じられないらしく、赤いラベルが着いている商品以外は
全部100円と説明しているのに何度も「これは100円か?」と聞きに来る。
ええぇい、しつこい!全部100円やっちゅうの!

今日、驚いていたベスト3は
1.4個入りのせっけん
2.24本入りのクレヨン
3.陶器のコップ

でも、パメラさんが買ったコップをみて、
サンガイさんが一言「それは割れるから良くない。プラいいよ」とのこと。
まぁ、保育園でも老人ホームでもないし、いいんじゃない?
posted by taku at 00:00| Comment(0) | JICA研修(中田コース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

organization sharing2日目

2日目のorganization sharingは
ケニアのジョセフさん、
東ティモールのジャスティノさん、
坂西の3名

ジョセフさんはさまざまなNGOを渡り歩いたが、
どこも満足できず、自分でcommunitiy aid internatinailを設立。
健康、貧困、社会正義などさまざまな課題に取り組む。

ジャスティノさんはイチャ・チュチュヌというNGOの専務理事。
組織名の意味は「LOVE」らしい。
活動は農村地域での健康、栄養、食の教育など。
実は独立時のレジスタンスの一員であったこともわかり、
一同、驚嘆と賞賛の声があがる。

坂西の水俣シェアリングは時間切れ。
「水俣 その20年」の英語版をだけを見て、終了。
posted by taku at 00:00| Comment(0) | JICA研修(中田コース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

organization sharingスタート!

初日のorganization sharingは
エクアドルのヴィヴィアナさん、
日本参加枠のアメリカのマイクさん
パプアニューギニアのリディアさん、
の3名。

ヴィヴィアナさんは世界的なNGO、プラン・インターナショナルの
マイクロファイナンス ナショナルアドバイザー。

マイクさんは京都のNGO、アクセスのインターン。
今回はアクセスの話に加えて、アメリカでのマイノリティへの教育活動の紹介をしてくれた。

リディアさんは女性銀行マイクロファイナンスプログラムの代表。
今は貯蓄グループの組織化がメインワークとのこと。

シェアリングの初日とあって緊張感も漂う。
しかし、それぞれの活動に対して活発な質疑が繰り返される。
もちろんたまには空中戦に突入するが。

今日はヴィヴィアナさん、リディアさん共通のマイクロクレジットで盛り上がる。
貧しい人たちにマイクロクレジットはどう有効なのか、など。



Diary Report –August 12
Roxana Mazzola and Mike Richter


We began the morning with Josef and Sangay reporting on yesterday`s program. Four presentations were planned for today: Viviana (Plan International; Ecuador), Mike (ACCEss; Philippines), Lydia (Women Bank Microfinance Program, Papua New Guinea), video about Japan´s Modernization.

Viviana reported on her organization, Plan International, and her country, Ecuador.
Characteristics of the country: Population; 14,000,000; Surface Area: 272,000 km2; 66% Urban, 34% Rural; 88% Mestizo; 15 languages, lingua franca is Spanish. Kichwa is now recognized as a new language.

Plan International`s vision is “a world in which boys, girls and adolescents realize their full potential in societies which respect human rights.” The mission is to enable families to meet basic needs, to build relationships, and to promote the rights of children.

Child centered community development (CCCD) and microfinance are key to her program. “Children are at the heart of everything we do.” There are currently 50,000 sponsored children in Ecuador.

Principal Challenge: Participatory approach is not a strategy, but rather a right for the people.

Viviana finished with an explanation of microfinance.

Mike then talked about his previous work experience, and current internship with the NGO, ACCEss.
Characteristics of education in universities with respect to ethnicity (Latino, African American, Native American, Pacific Islander). He explained the limits to education for each group, and how his office worked to equalize the situation, and give opportunities for different ethnicities.

Then he talked about his role in ACCEss, and the various events and programs they have in the Philippines.
Characteristics about the Philippines: Population: 98 million; 35% Rural, 65% Urban, Literacy Rate: 92.6%; population below poverty line: 30%

The Vision and Mission of ACCEss: We aim to create a society where people live in peace, without poverty, and in which human rights are respected by all.

Achievements: Health and Education projects within the Philippines
Constraints: Budget, small staff, supplies
Challenges: funding

We then broke for lunch for an hour.

After coming back, Lydia did the final presentation of the day, on her country, Papua New Guinea, and her organization, Women Bank Micro Finance Program.
Characteristics of PNG: 4 regions; 6 million people; 800 languages; 600 islands 75% Rural, 25% Urban; Literacy Level: 49.3%, gender inequalities is a problem in PNG

Women Bank: Created in 2007. It is a microfinance program working to empower women to become self-reliant, thus formation of savings groups & provision of credit.

Structure: 10 members form one group. 10 groups form one branch. 10 branches for one zone. 10 zones form one federation. There are currently 50 groups in existence.

Challenges: Capacity Building
Constraints: People change programs at a whim,
Achievements: each woman has a different participatory role in the organization. The savings increased from 15,000 to 20,000 Kina this year.

Finally, we watched a video about Japan´s modernization. There were 4 secrets to the success of the country:
Meritocracy
Adopt and Adapt
Public and Private Collaboration
Education
Post-war reforms:
Democratization and reforms
Give women equal rights
Fair competition
Agricultural reform
Distribution of Wealth
Agricultural basic law: subsidies for land improvements
Price support for farmers
15 new industrial cities were formed
Social insurance system became available to everyone
The video was made 10 years ago, and according to Mr. Nakata, the income gap is growing wider lately. New challenges for the future include environmental reforms. Japan has taken the lead in the world in this respect with the Kyoto Protocol.



posted by taku at 00:00| JICA研修(中田コース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

JICA研修スタート!

平成21年度 JICA−NGO連携による実践的参加型コミュニティ開発がスタート。
初日はさすがに緊張感が漂う。

まずはお互いの自己紹介。
みなさんきれいな英語でちょっと安心。でも自分の英語力に悔しさを感じる。
とりあえず自己紹介では「僕の今のメインワークは英語の勉強です」と告白。
みんな笑ってくれ、名前も「taku-chan」と認知してもらう。

ファシリテーター中田さんからは参加型とはどういうことか?ということを問いかけられる。
まずはモナリザの絵を使って、この研修のフレームを提示。
最初にできることとできないことを確認した後、
フレーム内でできることはみんなで決めることも併せて確認。

その実践として研修の開始時間を終了時間、昼休みの時間などをみんなで決める。
ラテン組からはシエスタがどうとか、それぞれの個性が出て盛り上がる。
最終的にはまずまず無難なところに決まり、今後生活をしてみて、その状況に併せて変えることも確認。

それからさらに参加型を一歩進めて、
講師はいなく、参加者みんながリソースパーソンであり、
「人はみんな豊かな経験を持っている」が、「人は経験から学べない」
「経験を分析」することが重要という考えを中田さんがシェアしてくれる。

それをもとにグループワークに入り、どのようにそれぞれの経験をシェアすべきかを議論。
明日からのorganization sharingに備える。

中田さんはあまり多くを語らずタクトを参加者に渡そうとしている?ように見える。
初日、きっと一番大事な日、中田さんの雰囲気づくりを「分析」しなくては。
語らずに語らせる、でも必要なフレームは語る。そのバランスだろうか。

ともかく、1ケ月半の研修が始まった。これからが楽しみだ。

おまけ-JICAのセミナールームが寒い。
しかも部屋では温度が変更できない。なんでも今年から設定温度が2度下がったらしい。
チームマイナス6%なのに?


Recap for Tuesday August 11, 2009


The day began at 9.30 am with the course programme officials welcoming participants to the course and introducing the JICA staff, the lead facilitator, Mr Toyokazu Nakata of Institute of Participatory Development and also the staff from Kansai NGO Council.

Mr. Nakata, after a few remarks in the context of the session’s theme, Opening and Organising the Course Together, gave the floor to participants to self-introduce themselves. Each participant said their names, the name they preferred to be called by during the course, where their country was located in the World Map, the route they took to fly to Osaka, the organization they came from and their role in the organization.

The facilitator then opened a brief plenary discussion on the philosophy of participatory development. It was noted that all communities, no matter their state of development, have some indigenous knowledge and wisdom and therefore have something to share in their development planning. He made reference to the stand point of Paulo Freire on the matter. The most important element in his context is experience! However it was agreed that we can only learn from experience if we analyse it. If I may quote from the lesson I learned from that session:

“Wisdom comes from analysing experience. However, it should be born in mind that no matter how rich the experience is, nothing may be learned from it if it is not analysed”


After this plenary session, the facilitator divided participants into three groups to discuss and come up with group suggestion on the framework to be adopted by individuals when they would make presentations on their organizations and projects/programmes. The group-work session took about 30 minutes then participants went to lunch.

After lunch, Mr. Nakata facilitated the drawing up of the time table for the week – during which each facilitator was slotted in for a day and time when they would make presentations.

The last session of the day was about finding volunteers for recap on each day.

The day ended with participants getting opportunity to make brief remarks on their impression and how they felt about the programme so far.

Recap by Joseph and Sangay
posted by taku at 00:00| Comment(0) | JICA研修(中田コース) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

11〜12月講座スケジュール決定&申し込みフォーム作成

中田さんと年内最後の基礎講座のスケジュールを決定。
11〜12月に開催します!

最近の講座のふりかえりを行った結果、
もう少し参加者のリソースを引き出しながら
個別ケースを取り上げていった方がより役に立つと判断し、
次回からは3回から1回増やして4回コースとすることにしました。

組織内や活動で課題を抱えている人によりお勧めです。
ぜひご参加下さい。
申し込みフォームも作成しましたので、ご活用下さい。

今日はお隣のKECさんは会計監査だったよう。
前職場での不眠不休の記憶が、、、。
なんと監事の公認会計士さんがボランティアで関わってくれているとのこと。
ありがたい話ですねぇ。感謝です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。